Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の自動車大手ホンダは、電気自動車の分野での拡大を目指しており、研究開発に数十億ドルを割り当てています

多くの主要経済国が道路上のディーゼル車とガソリン車の数を減らすことを目指しているため、ホンダや他の自動車メーカーは、将来競争力を維持できるようにする電化戦略を開発しようとしています。

エモアケイト| Istock社説| ゲッティイメージズ

ホンダは、日本の自動車大手が2030年までに世界で30の電気自動車モデルを発売することを目指しているため、今後10年間で約5兆円(399億ドル)を電動化技術とソフトウェアに投資する予定です。

同社は火曜日の声明で、約3.5兆円が研究開発費に充てられ、1.5兆円が投資に充てられると述べた。

ホンダは、2030年に年間200万台以上の電気自動車生産を目標としていると発表した。その期間の研究開発費の総予算は約8兆円、約639億ドルになると発表した。

ホンダは、生産に関しては、中国の広州市と武漢市に「専用電気自動車工場」と呼ばれる工場を設立する予定だと語った。 同社は北米で電気自動車の生産ラインも計画していると語った。

北米の電池については、「GMからUltium電池を購入する。GMとは別に、ホンダは共同電池製造会社の設立の可能性を模索している」。

先週、ホンダとゼネラルモーターズは、新しいグローバルプラットフォームに基づいた一連の手頃な価格の電気自動車を開発すると発表しました。

CNBCProの電気自動車についてもっと読む

多くの主要経済国が今後数年間で道路上のディーゼル車やガソリン車の数を減らすことを目指しているため、ホンダや他の自動車メーカーは、新しい規制に対応し、競争力を維持できるように電化戦略を開発しようとしています。

たとえば、フォードは先月、2024年までにヨーロッパで3台の新しい乗用車と4台の新しい商用電気自動車を展開する計画を概説しました。同社は2026年までにこの地域で年間60万台以上の電気自動車を販売すると予測しています。

2021年3月、Volvo Carsは、2030年までに「全電気自動車会社」になる予定であると語った。

他の場所では、BMWグループは完全な電気自動車が2030年までに配達の少なくとも50%を占めることを望んでいると言いました。

これらの目標により、これらの企業は、2022年の第1四半期に305,000台以上の車両を生産したイーロンマスクのテスラと競争することになります。

電化計画のある別の自動車会社はメルセデスベンツであり、以前は「市場の状況が許せば、10年の終わりに完全に電化される準備ができている」と述べていた。

月曜日に、同社はアナリストと投資家のためのESG会議を開催しました。 とりわけ、2030年までにエネルギー需要の70%以上を再生可能エネルギーでカバーしたいと述べています。

これは、現場で「太陽エネルギーと風力エネルギーを導入する」ことと、さらなる電力購入契約を結ぶことによって達成されると述べています。

今週のCNBCのAnnetteWeisbachとのインタビューで、メルセデスベンツグループのCEOであるOla Kalleniusは、彼の会社の戦略の背後にあるいくつかのアイデアを提示しました。

「再生可能エネルギー、特に高利回り地域の再生可能エネルギーに投資することの良いところは、いったん始めたらキロワット時あたりのセントを見ると、これらのオプションの多くは実際には化石ベースよりも安価であるということです」と彼は言いました。 。

カレニウスは、再生可能エネルギーへの投資は「良い仕事」だと付け加えました。

READ  ボリス・ジョンソンが英国で岸田文雄首相と会談