Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の自民党は日曜日の補欠選挙で勝利し、また敗北した

日本の自民党は日曜日の補欠選挙で勝利し、また敗北した

日本の主要与党である自由民主党は日曜日に行われた国会補欠選挙の2つのうち1つで勝利した。 自民党また野党が支援する候補者に議席が奪われた。

長崎県の衆院補欠選挙で、自民党の元実業家の金子与三候補が野党・立憲民主党の元議員を破った。

金子氏は自民党のジュニア連立パートナーである公明党からも支持されていた。

参院徳島・高知合区補欠選挙で野党4党が支援する自民党候補、無所属の広田一氏を破った。

両補欠選挙は与野党の一騎打ちとなった。 自民党と立憲民主党の幹部らは選挙運動でライバルたちに加わり、支持を呼びかけた。

岸田文雄首相は月曜日、記者団に対し、結果を真摯に受け止めており、地元の政治情勢や選挙区の所属による影響を注意深く分析し、今後の選挙に向けて十分な準備をしていると述べた。

記者は岸田氏に、投票結果を踏まえて年内に衆院を解散するつもりかどうか尋ねた。

首相は、緊迫化する国際環境や物価上昇から国民の暮らしを守り、次世代に安心感と豊かさを伝えるという喫緊の課題に焦点を当てるべきだと述べた。 現時点では他に何も考えていないという。

立憲民主党の安住淳国対委員長は、今回の選挙結果は、野党が共同で候補者を擁立して現政権に批判的な有権者にアピールすれば、大きな政治的変化をもたらすことができることを示唆していると述べた。

安住氏は、今回の結果は、価格つり上げに対して迅速に行動を起こさなかった岸田内閣や、統一教会として広く知られる宗教団体への対応に多くの有権者が不満や疑問を抱いていることを明らかに示していると述べた。

同氏は、党としてはこれらの有権者の声が今国会で反映されることを望んでいると述べた。

READ  日本は政府のブースターブレイクが短い