Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の自衛隊はバイオインフォマティクスの発展を研究しています

日本の自衛隊はバイオインフォマティクスの発展を研究しています

3月7日、自衛隊(JSDF)の先端技術の開発と購入を担当する防衛装備庁(ATLA)は、バイオインフォマティクス研究を実施するための2件の競争入札を発表した。

2つの入札は、生体分子情報学のリアルタイムモニタリングのための量子センサーの研究と、生体分子情報学のリアルタイムモニタリングのための量子コンピュータを使用する分子デバイスの開発に関する研究に関するものである。

これらのプロジェクトの入札は4月22日に神奈川県のATLA Complexで行われる予定で、応募締め切りは3月25日に設定される。 入札対象となるのは、統一供給者資格A、B、Cに分類され、関東・甲信地域の入札参加資格のある企業に限られます。

入札者の具体的な要件には、関連するサブ分野での研究記録、およびセンサープロジェクトの場合は地元の民間専門家や国際専門家と学際的に協力した経験が含まれます。

バイオインフォマティクス (コンピュータ技術を利用して生物学的データを収集、分析、配布すること) は、外傷被害者の生命兆候の遠隔検出や、訓練が必要な最前線の戦闘衛生兵の意思決定支援など、軍事分野で多くの特別な用途があります。そしてリソースは限られています。

この分野は、2001 年に米陸軍医療研究資材司令部 (USAMMRMC) が当時急成長していた生物医学情報学の分野からの新興技術を統合するためのロードマップの作成に取り組み始めて以来、軍事医学研究の主要な成長分野となっています。 量子コンピューティングを含む人工知能とコンピューティングの最近の進歩により、これまでの技術的限界を克服し、軍事用途の範囲と有効性を拡大する新たな道が開かれました。

日本は、バイオインフォマティクス分野における質の高い研究を行う世界有数の国の一つです。 2020年の調査によると、日本は被引用数の多い研究論文の数で世界第4位にランクされています。 オーストラリアは研究の生産性と影響力を測るh指数のランキングで日本とほぼ肩を並べており、両国ともトップ10にランクインしている。

2015年に設立されたATLAは、「日本を取り巻く安全保障環境がますます厳しさを増す中、技術的優位性を確保する」ことを使命としており、デュアルユース技術の活用に重点を置き、「国内外のさまざまな研究開発機関との協力」を推進している。

READ  Nvidiaは12GBのメモリを搭載した新しいRTX3080を発表しました