Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の若手従業員の間でメンタルヘルス問題が増加

日本の若手従業員の間でメンタルヘルス問題が増加

パンデミックによって引き起こされたストレス要因によって悪化した若い労働者のメンタルヘルスの悩みは、職場の幸福度の傾向を浮き彫りにしています。

現代のストレス社会を背景に、仕事に関連してメンタルヘルス不調を抱える若手社員の数が増加していることが、日本生産性本部の調査で明らかになった。

上場企業の人事担当者を対象に実施した調査では、10~20代の従業員のメンタルヘルス不調の割合が2021年の29%から43.9%に上昇した。 26.8%という新たな最高値まで上昇した。

10代、20代の従業員のメンタルヘルス率は2008年以降緩やかな上昇傾向にあったものの、2017年、2019年、2021年の調査では比較的安定していた。 日本生産性本部は、パンデミック中に組織に参加する若手労働者が直面する課題を原因としている。 彼らは、対人関係の形成や重要な仕事スキルの習得に苦労しており、リモート勤務の取り決めに伴う高いストレスレベルの一因となっていました。

この調査では、個人の課題に加えて、職場におけるメンタルヘルスに対する全体的な認識の変化も浮き彫りになっています。 メンタルヘルス問題の増加を報告した企業の割合は2006年以降減少傾向にあり、2021年には22.9%まで低下した。 しかし、最近の調査では、この割合は 45% に上昇しています。 この増加は、従業員の感情的葛藤が変化していない、または減少していると報告する企業の数が減少していることと一致している。

こちらもお読みください: 日本の従業員は世界で最も不幸かもしれない

日本生産性本部は、この対応の変化はパンデミックによる働き方への影響の変化と職場の概念の進化による可能性があると示唆した。 同庁は、こうした突然の精神的健康上の懸念が、こうした重大な変化に対する一時的な反応なのか、それともより永続的な傾向を示しているのかを注意深く監視する必要性を強調した。 ニッポンドットコム

READ  日本が56個のオリンピックメダルを獲得:日経とFTの予測