Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の著名な距離レースは世界に平和のメッセージを伝えます

発行: 変更:

東京(AFP)- 生伝の長距離リレーは日本の国立機関であり、新年のレースは大勢のテレビ視聴者を引き付け、未知のアスリートを一夜にしてスターに変えます。

現在、最も偉大な現代の駅伝競走のコーチは、オリンピックの舞台で世界クラスのイベントになることもでき、世界平和にも貢献できると信じています。

さまざまな長さの長距離リレーステージをカバーするランナーのチームをフィーチャーした駅伝は、1世紀以上日本に滞在しています。

このイベントは、東京と旧帝国の首都である京都との間でメッセージをやり取りした武士時代の宅配便業者に触発されました。

生電は日本国外ではほとんど知られていませんが、青山学園大学チームの原晋監督は、彼が世界的に有名になる可能性があると信じています。

原晋(中央)、青山学園大学チームコーチ 野木和弘AFP

「コンタクト」とは、世界中のすべてのスポーツに響く言葉です。

「まだ多くの場所で社会的葛藤がありますが、駅伝のように人々をつなぐことは、世界平和を達成する上で役割を果たすことができます。」

このスポーツのメインレースは箱根駅伝で、毎年1月2日と3日に21の大学チームが2日間にわたって競います。

プロのチームレースもありますが、視聴者の注目を集めるのは学生向けのイベントで、途中で何百万人もの人々がテレビやその他の道路で観戦しています。

東京リレーの初日、箱根生伝長距離ロードリレー、日本の国立機関を見るために、大勢の観客が道路に並んでいます。
東京リレーの初日、箱根生伝長距離ロードリレー、日本の国立機関を見るために、大勢の観客が道路に並んでいます。 野木和弘AFP

チームの10人のランナーはそれぞれ、東京とリゾートタウンの箱根の間の135マイル(217 km)の帰りの旅の一部を完了し、各チェックポイントでチームメートにカラフルなスカーフを渡します。

夢の素材

ツールドフランスのように、ステージの長さはさまざまです。フラットなものもあれば、山道での登山を罰するものもあります。

箱根駅伝は首都圏の大学にのみ開放されています。 しかし、その名声により、日本中の学生は、レースに出場できるように、首都の学校で勉強することを選択します。

「小学生の頃は野球部だったのですが、家族で箱根生伝を見て走りたくて走り始めたのです」と青山学園のキャプテン、井田隆之さん。

「レースをするたびに、来年はもっと走りたいと思っています。それは本当に夢のようなものです。」

東海大学のスプリンター、杉本翔太が早稲田大学のスプリンター、伊藤大司を箱根のフィニッシュラインに導く
東海大学のスプリンター、杉本翔太が早稲田大学のスプリンター、伊藤大司を箱根のフィニッシュラインに導く 野木和弘AFP

駅伝競走のジャーナリスト、西本武氏は、何人かのランナーが仕事を辞めて大学に戻って再び走ることができると知っていると言います。

彼は、駅伝チームの性質が多くの日本人と和音を打つと言います。

「日本人には個性がないと言われているが、レースで好きなのはチーム内で個性が出ていることだと思う」と西本は語った。

「適切な人を適切な場所に配置することは、日本人の心に響くものです。」

「山の神」

報道によると、昨年のレースはテレビで6500万人近くが視聴しました。これは、1987年に公開されて以来最大の視聴者です。

2009年から2012年にかけて東洋大学が3回優勝したことで「山の神」として知られる柏原竜二のようなランナーにとって、人生を変える経験となるでしょう。

「電車の中や夕食に出かけると、突然人が話しかけ、故郷に帰ると写真を撮っていました」と柏原さん。

「自分が何をしたかだけを考えているのではなく、誰もがそれに夢中になっていることに気づきました。」

2022年1月2日、神奈川県箱根町で行われた東京・箱根生電長距離リレーの初日にフィニッシュラインを通過した後、中央大学のランナーである阿部晴樹はチームメートに助けられた。
2022年1月2日、神奈川県箱根町で行われた東京・箱根生電長距離リレーの初日にフィニッシュラインを通過した後、中央大学のランナーである阿部晴樹はチームメートに助けられた。 野木和弘AFP

柏原氏は、ソーシャルメディアの台頭により、今日のアスリートの注目が高まっていると述べていますが、彼らの名声は一瞬であり、オリンピックのスターになる人はほとんどいません。

西本さんは、箱根生伝に出場するという人生の目標を達成した後、多くの人が走りをやめたと言います。

他の人は、個々のマラソンやロングトラックイベントに移行するのが難しいと感じています。

月曜日に青山学園を8年ぶりに6度目の監督を務めた原は、いつの日か駅伝競走に出場したいと考えている。

しかし、彼はまず、箱根生伝が全国から大学や専門家チームを開校することから始めて、日本で改革を見たいと思っています。

「まず、自宅で正しく行っていることを確認する必要があります」と彼は言いました。

「そうすれば、もちろん、オリンピックに持ち込み、世界のイベントにするために、より大きな努力が必要になるでしょう。」

READ  MLBの噂:ジャイアンツ、マリナーズが日本のスラッガー鈴木誠也を上陸させるのが好き