Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の裁判員制度は15年を迎える

日本の裁判員制度は15年を迎える

日本のデータ

政治的な社会的ライフスタイル

日本が裁判員制度を導入してから15年間、国民は専門の裁判官と協力して有罪か無罪かを判断してきた。 最高裁判所の統計によれば、12万人以上が普通判事または代理判事を務めた。

日本に裁判員制度が創設されてから15年が経ちました。サイパンで2009 年 5 月 21 日 刑事事件に国民感情を反映する組織。 選挙人名簿から無作為に選ばれた6人の裁判員が専門の裁判官とともに刑事裁判に参加し、有罪か無罪かを判断し量刑を下す。 日本の最高裁判所が発表したデータによると、2024年2月末時点で12万4,017人が裁判員または補欠裁判官を務めている。

裁判員に選ばれた国民のうち、裁判員就任を拒否する人の割合は、2009年の53.1%から上昇した。 2010 年に 53.0% まで若干下がった後、数年にわたって着実に上昇しました。 近年では65%から69%に増加しています。

通常の裁判は、殺人、強盗、放火など一定の重大性以上の犯罪に対して行われる。 このため刑罰は重く、裁判官が裁いた被告16,387人のうち46人に死刑、302人に無期懲役が言い渡された。 無罪とされたのは1%未満の157人だった。

主な犯罪と被告の数

裁判員裁判で判決が出た

(日本語から翻訳。バナー写真 © Pixta)

犯罪

正義

READ  日本は、米国とヨーロッパのほんの一部をCOVID後の経済に費やしています。