Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の裁判所は、45 年前の原子炉は運転可能であると述べた

東京 – a 日本裁判所は火曜日、日本の中央部にある築 45 年の原子炉が運転を継続できるとの判決を下し、安全上のリスクを理由に住民からの原子炉停止の要求を却下した。燃料不足と、炭素排出量を削減するという国の公約。

大阪地方裁判所の判決は、2011 年の福島原子力発電所事故の後に廃止された原子炉の再稼働を加速し、老朽化し​​た原子炉の運転寿命を延ばす新しい原子力エネルギー政策を岸田文夫内閣が承認する数日前に下された。

経済産業省は、原子炉を 30 年間運転した後、10 年間延長できるようにする計画を作成しました。また、電力会社は、現在の制限である 60 年を超えて原子炉の運転寿命を計算する際に、中断されていない期間を差し引くこともできます。

火曜日の決定は、運転中の原子炉の安全性に関する 40 年以上ぶりの決定でした。

井上直哉所長は、関西電力の美浜3号機の運転者は、原子力規制委員会の要件を満たし、運転許可を得るために、設備の劣化を防ぐための十分な措置を講じたと述べた。 判決は、原子炉の耐用年数において、通常よりも厳しい安全基準を必要としないと述べた。

2021 年 6 月、9 人の住民(福井県から 7 人、隣接する京都と滋賀から各 1 人)が、古い施設の安全上のリスクを理由に、美浜原子炉の停止を要求して関西電力に対して訴訟を起こした。

裁判所はまた、潜在的な危険性の具体的な証拠がないことを理由に、耐震性や避難計画など、原告が提起した他の安全上の懸念を却下しました。

原告側の弁護士は、高齢化により原子炉のリスクが明らかに高まると述べ、控訴する予定であると述べた。

日本の原子炉のほとんどは 30 年以上前のものです。 運転開始から40年以上経過した4基の原子炉が原子力規制委員会の安全基準をクリアし、運転許可を受けているが、現在稼働しているのは美浜3号機のみ。

日本では、大規模な地震と津波によって原子炉の冷却システムが破壊され、そのうちの 3 基が溶けて大量の放射線を放出した福島原発事故の後、反核感情と安全性への懸念が急激に高まりました。 政府は当初、原発の段階的廃止を計画していたが、その後そのスタンスを覆した。

岸田氏は8月、日本は原子力発電を含むエネルギーミックスのすべてのオプションを検討し、ロシアのウクライナ戦争に起因する潜在的なエネルギー不足の中で安定したエネルギー供給を確保すると同時に、排出削減目標を達成するための「グリーントランジション」を促進する必要があると述べた. . 日本は2050年までにカーボンニュートラルを達成することを約束しました。

2030 年のエネルギー ミックスにおける原子力の目標を 20% ~ 22% に維持しながら、政府は以前、新しい原子力発電所を建設したり、老朽化し​​た原子炉を交換したりする計画はないと主張してきました。 .

今週後半に採択される新しい原子力政策の下で、政府は小型原子炉などの「革新的な新しい原子炉」の開発と建設を目指します。

一部の専門家は、公益事業者は新しい技術や再生可能エネルギーではなく、古い設備に投資して稼働を維持する必要があるため、原子炉の運転寿命を延ばすことは望ましくないと述べています。 彼らはまた、次世代原子炉の開発には莫大な費用と不確実な見通しが伴うと述べています。

READ  NickelodeonAll-StarBrawlのボイスアクティングアップデートがSwitchで公開されました