Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の製薬会社の健康補助食品摂取で1人死亡

日本の製薬会社の健康補助食品摂取で1人死亡

日本の製薬会社、小林製薬が製造した栄養補助食品を3年間摂取したとみられる人物が腎臓病で死亡したと、日本の製薬会社が火曜日に発表した。

所在、性別、年齢は非公表だが、腎臓障害などの健康被害が報告され回収された同社の紅麹サプリメント「玄米麹」計35包を購入した。

提供された画像は、健康問題により回収された小林製薬のベネコウジを含む栄養補助食品です。 (共同)

大阪に本拠を置く同社によると、この人物は2021年4月から2024年2月まで定期的に「紅麹コレステ」を郵送で購入しており、摂取と死亡との因果関係を調査中であると付け加えた。

同氏は、同社は土曜日に故人の親族からの電子メールでその人の死亡を知らされたと付け加えた。

大阪に本拠を置く同社が、先週「紅麹コレステ補助剤」約30万パッケージを含む5製品を自主回収した後、栄養補助食品に関連する可能性のある死亡例を発表したのは今回が初めてだ。

同社はまた、日曜日の時点で報告されている26人に加え、さらに約50人がサプリメント摂取後に入院していると発表した。

着色料や香料などさまざまな用途に使われているため、紅麹を原材料として含む食品や香辛料も全国自主回収の対象に拡大した。

中国では、製薬会社による自主回収の対象となった製品のネット販売が停止されたと地元メディアが報じた。

中国メディアは紅麹の発酵過程で腎臓病を引き起こす可能性のある有毒物質シトリニンが生成される可能性があると示唆しているが、小林製薬は同社が製造する原料にはシトリニンは含まれていないと発表した。

小林製薬は食品メーカーなど52社に同成分を配布しているが、卸売業者も含まれるため、実際に使用する企業はさらに増える可能性がある。

同社は金曜日、「ベネこうじ」サプリメントの摂取後に13人が腎臓病やその他の健康上の問題を発症したことを確認したと発表した。

酒や菓子、パン、味噌など幅広い商品に影響が出たとして、紅麹を供給する各社に対し、同原料を使用した商品の自主回収を求めた。

小林製薬が2023年に製造した弁栄こうじ原料18・5トンのうち、約16・1トンが他社に販売された。 自主撤退を求められた企業への補償も検討する。


関連報道:

日本の製薬会社の健康補助食品摂取で26人が入院


READ  ロシアのソユーズ宇宙船が宇宙ステーションに到着