Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の複合企業ソフトバンクは投資損失を削減したが、会計年度は赤字にとどまった

日本の複合企業ソフトバンクは投資損失を削減したが、会計年度は赤字にとどまった

日本のテクノロジー企業ソフトバンクグループは、投資損失が減少したため、3月までの会計年度の損失が前年同期の赤字の約4分の1に縮小したと発表した。

東京 – ソフトバンクグループは、投資損失が減少したため、3月までの会計年度の損失が前年同期の赤字の約4分の1に縮小したと、日本のテクノロジー企業が月曜日に発表した。

東京に本拠を置くソフトバンクグループの年間売上高は2.8%増の6兆7600億円(430億ドル)となった。 当会計年度の損失は、前年度の9,700億円の損失から2,276億円(15億ドル)に減少しました。

4四半期連続の赤字の後、過去2四半期は黒字となった。

この会計年度の投資損失には、電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルメディア事業に携わる中国のテクノロジー企業アリババが含まれており、Tモバイルの保有による利益が相殺された。

ソフトバンクの子会社である英国の半導体・ソフトウエア設計会社アームの価値はここ数カ月で上昇したが、それは決算には反映されていない。 同社は昨年ナスダックに上場した。

億万長者の先見の明のある孫正義氏が率いて設立したソフトバンクも、ヤフージャパンとLINEに投資している。 孫氏は決算説明会には出席しなかったものの、今年後半の株主総会で人工知能の将来についてのアイデアを発表するとみられている。

記者が孫氏が出席しなかった理由を尋ねると、最高財務責任者の後藤芳光氏は、孫氏は同社が「人工知能の時代」と呼ぶ時代における新たな取り組みに注力するのに忙しいと述べた。

全体として、設立以来、ソフトバンク・ビジョン・ファンド 1 は 167 億ドルの利益を記録したが、SVF2 は 193 億ドルの損失を記録した。 両ファンドとも3月期に損失を計上した。

後藤氏は、ビジョン・ファンドの投資にとって最初の困難な時期はすでに終わり、安定することが期待されると強調した。

同氏は記者団に対し「業績は大幅に向上するだろう」と語った。

___

影山優里はXにいます:https://twitter.com/yurikageyama

READ  日本の月探査計画: 日本の宇宙庁が月面着陸の最初の画像を公開