Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の西のポイント、与那国島の3つの素晴らしいところ

私たちの街に住む本州出身の日本人記者には驚きがたくさんあります。

日本は島々の土地であり、遠くの土地でもあります ヨナグニ、 何 西日本の人口密集地、東京の南東2,000キロ。 そこに旅行するには、まず沖縄に行き、次に石垣島に行く必要があります。 その後、飛行機または悪名高い「ワミッドフェリー」に乗って、日本の主要な島々よりも台湾に近い与那国島に到着する必要があります。

日本語特派員 コーエ 最近、彼は生まれて初めて与那国に来ました。 Kouheyは遠く離れた日本の島々に行ったことがあるので、その美しさに気づいていません。 それにもかかわらず、どういうわけかヨナグニは彼を驚かせることができました。 実際、彼は共有したいと思っています 日本の風景にはない与那国島の3つのすごいところ

サプライズ#1:信じられないほどの岩層がたくさんあります

コーエがヨナグニに来たときに最初にしたこと 原付を借りて島の崖の海岸をドライブする、彼は彼らがそこにいっぱいであることに気づきました 雄大で美しい岩の構造

沖縄本島の岡見幸江は島の神々に行ったことがあるので、伝説のように見えるかなり素晴らしい建造物を見ましたが、与那国島は異なっており、その中央に壮大な岩が現れています。 きれいな岩の崖が海に降りてきます。 ヨナグニのまばゆいばかりの断崖は、光平に畏敬の念と少しの恐怖を引き起こした驚くべき自然の力の証です。

最も素晴らしい設定の1つ 大工-エヴァ、与那国島のシンボルとされることも多い。 遠くに海に立って誇らしげに見える何かの姿のように見えます。 これを見ただけで力強いエネルギーが得られると感じます。

同じ岩層を見ると完全に異なって見えます 別の角度から、しかしそれはまだ信じられないほどのシーンです。 Kouheyはとても感銘を受け、ピークに登りたかったのです。 (幸いなことに、彼は試みませんでした。)

ヨナグニは軍艦のようなクンガンエヴァでも有名です。 ゴーヘはクプラバリを見てとても幸せでした

このサイトは 琉球王国時代以来の最も悲劇的な習慣 人口に基づいて地方に選挙税が課される場合。 伝説によると、当時、ヨナグニは人口を少なくして線を減らしようとしたため、妊婦は岩の間の3〜5メートル(9.8〜16.4フィート)の深淵に飛び込み、死ぬチャンスがありました。 または緊張による流産。

Kouheyが奇妙な創造物に近づいたとき、彼はそのような習慣を通過することがどのようなものであったか想像できませんでした。 彼は崖の頂上に登り、それらの間の深淵の端に近づきましたが、彼は長く近くにとどまることができませんでした。 あっという間に吸収できる気がしました、それで彼はすぐにそれから撤退しました。

これとヨナグニの多くの形態についてのコーエの意見は、「私がその上から落ちたら、私はおそらく死ぬだろう」です。 ヨナグニの岩層と言えば十分です 畏怖と恐怖

サプライズ#2:墓の考古学的な宝物

本土の墓とは異なり、沖縄本島の歴史的な墓は長方形の石で飾られていませんが、 東京の小さなアパートほどの大きさの大きな石碑。 それらの多くは地下室のような屋根を持っています。 多くの視聴者にとって、これは驚きの発見となるかもしれません。 コーエは最初にそれらを見たとき確かに驚いた。

彼は現在、沖縄の遠く離れた矢山諸島を10回以上訪れているので、これらの墓に非常に慣れています。 でも与那国で見たのはもっと驚きでした いくつかの墓は岩にまっすぐに掘られました、これはコーエが他の島で見たことがないものです。 それらは基本的に考古学的および歴史的な宝物です。

確かに、不思議に思っているかどうかはあなたの視点にもよるが、コークにとっては、これまで見たことのないものだったので、信じられないことだと思った。

サプライズ#3:馬がいたるところにやってくる

ヨナグニと呼ばれる4本の道があります 「テキサスの道」、そしてある意味で、これらはコクラン島の最も素晴らしい部分です。 高速道路ですが、 彼らは車ではなく馬でいっぱいでした!

Coheyがレンタルモペットに乗って島を一周しているときに、テキサスの道路の1つにスポットを見つけました。 それは彼が彼の方向に道を下って来るのを見た車ではありませんでしたが、彼の驚きを想像してください 馬の群れ全体!!!

彼らはあたかも自分たちのものであるかのようにその場所を一周していました。 クーヘイは彼らがやったかもしれないと思った。

馬がヨナグニの道を歩くことは非常に一般的です、実際、コーエは発見しました ほぼ一連の馬の糞が彼らの跡に残された。

本当に必見のシーンでした。 実は与那国島中の都会の住人であるコーエンは驚いた。 しかし、 美しい海

特徴的な植物

おいしい泡盛リキュール

ヨナグニの素晴らしいシーンのすべてで、コウヘイは正直に言って、家に帰るために「嘔吐フェリー」に乗らなければならなかったが、私は島を訪れることができてうれしかったと言うことができます。 遠いので楽しみな場所ではありませんが、機会があれば、Kouheyは絶対にお勧めです!

画像©SoraNews24
SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? フェースブックでフォローしてツイッター
[ Read in Japanese ]

READ  日本の緊急事態のためにオリンピックはキャンセルされますか?