Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の西部の島で桜島火山が噴火し、近隣の都市で避難命令が出された

日本の大きな西部の九州にある火山が噴火し、黒い煙と火山岩が空に噴き出しました。

気象庁(気象庁)によると、鹿児島市近くの九州の南端にある桜島と呼ばれる火山は、現地時間の午後8時5分ごろに噴火した。

NHKの公共テレビは、火山から2.5km離れたところにある溶岩のシャワーを引用しました。 爆発警報はレベル5に引き上げられ、一部の地域は避難するようにアドバイスされています。

熊本県の桜島は、日本で最も活火山の1つであり、さまざまな程度の噴火が定期的に発生しています。 2019年には、5.5kmの高さまで灰を噴き出しました。

読み込み中

磯崎副首相は記者会見で、日曜日の爆風による負傷や被害の即時報告はなかったと記者会見で述べた。

原子力規制当局は、火山の北西50kmに位置する仙台原子力発電所では異常は検出されなかったと述べた。

ビデオ映像では、赤い噴煙が火山の片側を流れ、赤い発射体が上向きに発射されていることが示されました。

火山噴火後に出てくる煙のグレー画像。
火山から2.5km以内の溶岩石の雨により、近隣の町の住民に警告が発せられました。((ロイター:気象庁

鹿児島市の多くは火山から湾の向こう側にありますが、有村地区や古里地区を含むいくつかの住宅地は火口から約3km以内にあります。

NHKは、市内の51人が避難を命じられ、バスが市内に派遣されたと報告した。

気象庁の記者会見で、同庁のスポークスマンは、日曜日の噴火後の火山からの大規模な噴火は予想されていないと述べたが、火口から最大2kmの火砕流に注意するよう人々に警告した。

また、半径3 km以内の住民には、火山灰や石が窓に投げ込まれたため、注意が必要であると警告しました。

月曜日には火山の近くのいくつかの地域で雨が降ると予想されますが、噴火後に地滑りを引き起こす可能性のある大雨は予想されません。

ABC/ロイター

READ  ジェイソン・スミスの家族が6回目の金メダルを祝う