Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の観光部門は中国のホリデーシーズンに依存している。 京都ではオーバーツーリズム対策が準備中

日本の観光部門は中国のホリデーシーズンに依存している。 京都ではオーバーツーリズム対策が準備中

読売新聞
金曜日朝、関西空港には中国から日本に到着する観光客の姿が見られた。

10月1日の国慶節に合わせた中国の1週間の祝日が金曜日に始まるため、大勢の中国人行楽客が日本に押し寄せている。 中国は8月、日本を含む外国への団体旅行を4年ぶりに解禁した。

日本の観光業界の経営者は、この休暇期間中、中国人旅行者に大きく依存している。

関西空港行きの便はほぼ満席

1 週間の祝日は通常、多くの人が日本を含む海外旅行に出かける時期であり、旧正月の休暇シーズンにも旅行します。

金曜日朝、関西空港では上海から到着した飛行機の後に中国人乗客がスーツケースを運ぶ姿が見られた。

友人と初めて日本を訪れたという21歳の大学生は、「日本のマンガとお好み焼きが大好きなので、ここに来るのを楽しみにしていた」と嬉しそうに語った。

初めて来日し、日本で10日間過ごす予定の会社員男性(33)は「日本食を食べたり、買い物に行ったりするのが楽しみ。初めての日本訪問を満喫したい」と語った。妻と一緒に大阪と東京へ。

大阪最大の繁華街・ミナミでは、有名なグレコの看板やその他の人気観光スポットの前で写真を撮る中国人家族の姿が見られた。

全日本空輸(ANA)によると、木曜から土曜の中国発便は「ほぼ満席」だという。

関西空港と中国本土を結ぶ6つの路線を運航する中国南方航空は、休暇中に一部の便の予約が80~90%になったと伝えられている。

インバウンド需要の増加を見込んで、日本の観光業界の企業はインバウンド需要への対応に向けた取り組みを進めている。

奈良市の奈良公園近くの東毛木商店街に、木曜日に新しい薬局がオープンした。 日航奈良ホテルは今年、中国生まれの従業員を採用した。 最近では中国本土からの宿泊客が増加しており、休日には団体観光客の予約も増加している。

キャンセルされた予約

日本の水際対策は昨年10月から大幅に緩和された。 今年5月、新型コロナウイルス感染症は感染症法に基づき季節性インフルエンザと同レベルの5類に格下げされた。 その結果、訪日外国人客数は順調に回復傾向にあります。

日本政府観光局によると、8月の訪日客数は推計約216万人で、2019年同月の約86%に相当する。

入場者数がパンデミック前の水準の80%を超えたのは初めて。 このうち、全体の17%にあたる36万人近くが中国からの観光客で、パンデミックが始まる前は訪日客全体の30%を占めていた。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、中国政府は旅行を目的とした海外旅行に制限を設けた。 しかし今年1月に新型コロナウイルス撲滅政策を終了し、個人の海外旅行が許可された。 8月10日には日本を含む海外目的地への団体旅行も解禁され、訪日観光客の回復がさらに加速するとみられる。

一方、中国政府は福島第1原発の処理水放出に反対しており、国内観光にも影響が出ている。

処理水の初の海放出後、奈良市のホテル「御宿 野乃 奈良」は団体観光客のキャンセルが相次いだ。

読売新聞
行楽客で賑わう奈良公園付近(9月22日、奈良市で撮影)。

ホテルチェーンを運営する会社によると、新型コロナウイルス感染症のパンデミックが発生する前の国慶節のホリデーシーズンには、1,500人近くの中国人観光客がホテルに滞在していた。 しかし、今年はパンデミック前の水準の30%にあたる約400人しかホテルに宿泊予約をしていない。

しかし、在上海日本総領事館によると、観光ビザの申請は徐々に増えているという。 団体旅行のキャンセルが相次いでいるものの、個人観光客は依然として多数が見込まれており、処理水放流による観光への影響は限定的とみられる。

過剰観光への対策

京都市ではオーバーツーリズムが再発する可能性に備え、市当局が対応を急いでいる。

外国人観光客の多くは市バスを利用しており、京都市民の日常生活には支障をきたしている。

この問題に対処するため、市政府は土曜日に行楽客の利用率が90%だったバスの一日乗車券の販売を中止する予定だった。 一方、市は市営地下鉄とバスの利用を促進するため、市バスから地下鉄への無料送迎サービスを拡大する。

また、タクシー協会は9月末から京都駅から金閣寺までの乗合タクシーサービスを開始した。

こうした措置に加え、市政府は行楽客に「景色を楽しむ」ことを奨励する。 [of Kyoto] 市営バス混雑対策「手ぶらサービス」 JR京都駅でバッグや大きな荷物を預け、1個あたり約1,000円で宿泊施設まで送迎してもらえるサービスです。荷物を持たずに旅行し、混雑を避けてください。

市は「11~12月の紅葉シーズンは観光客の増加が予想されるため、対策を強化したい」としている。

READ  日本の与党は10月31日の選挙で過半数を維持すると考えられています