Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の警察が牛レストランの食品廃棄物で 2 人を逮捕

日本の警察が牛レストランの食品廃棄物で 2 人を逮捕

日本の警察は、寿司チェーンを襲い、「寿司テロ」として知られるようになった一連のいたずらの一環として、人気の牛鍋レストランで箸を使って共用のボウルから生姜を食べる様子を映したクリップを投稿した 2 人の男を逮捕しました。

大阪府警は、島津亮容疑者と岡俊英容疑者を業務妨害や器物損壊の疑いで逮捕した。

桜花が撮影し、ソーシャルメディアで共有された動画では、島津容疑者が、顧客が使用するはずのぼろきれの代わりに、お箸でシャベルを使って細かく刻んだ紅生姜を繰り返し口に入れているのが見られます。 .

島津容疑者は警察に、人々を笑わせたいと話した。 警察によると、桜花は島津さんに何か面白いことをするように勧めたのは自分であり、動画が面白かったので人々に見てもらいたかったので共有し、2 人はレストランに何の反対もしなかったと付け加えた。

警察は3月に35歳の島津容疑者と34歳の桜花容疑者を今週逮捕し、両者とも容疑を認めている. 業務妨害で有罪となった場合、最高50万円(3,800ドル)または最高3年の懲役、器物損壊、最高3年または最高30万円(2,280ドル)の罰金に処せられる可能性があります。

彼らの悪ふざけが発覚したのは 2 月、ある顧客がビデオを見たことをチェーンに通知したことで、レストランは一時的に閉店し、ジンジャー スパイスをすべて取り除き、容器を一掃するようになった、と警察は述べた。 吉野家も警察に通報。

警察は、このレストランが大阪市住野区の吉野家チェーンの一部であることを特定した.

吉野家ホールディングスは、いたずらのニュースが多くの顧客を動揺させ、食品業界全体の安全性について疑問を投げかけたことは残念であり、同様の問題が再発しないことを望んでいる.

手頃な価格の牛丼は、牛肉と醤油味の玉ねぎをご飯の上にのせた人気の食事であり、全国に 1,100 を超える店舗を運営する吉野家での事件は、一連のシリーズのわずか数週間後に懸念を引き起こしているようです。 「寿司テロ」と呼ばれる寿司チェーン。

ある事件では、2月に警察が3人を逮捕した.

他の寿司チェーンも同様のいたずらに見舞われており、顧客を監視するために防犯カメラを設置したり、寿司のコンベアを停止したりするなどの措置を講じています.

READ  東京オリンピックのメダルテーブルでバレーボールの金メダルがアメリカを破り、中国を追い抜く| 東京オリンピック2020