Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の警察は、牛丼レストランで食べ物を嘲笑したとして2人を逮捕しました

日本の警察は、牛丼レストランで食べ物を嘲笑したとして2人を逮捕しました

日本の警察は、寿司チェーンによる「寿司テロ」として知られる一連のいたずらの一環として、共同容器から生姜を箸で食べるクリップを投稿した後、人気のある牛丼レストランで2人の男を逮捕しました。 .”

大阪府警は水曜日、島津竜容疑者と岡俊英容疑者を業務妨害、器物損壊、器物損壊の疑いで逮捕したと発表した。

岡さんが撮影し、ソーシャルメディアに投稿した動画では、島津さんが牛丼の主食である紅ショウガの千切りを、客が使わなければならない部分ではなく、箸で何度も口の中に押し込んでいるのが確認された。 .

島津さんは警察に、人々を笑わせたいと話した。 男鹿容疑者は、島津さんに面白いことをするように勧めたのは自分であり、ビデオを共有したのは、それが面白かったからであり、人々に見てもらいたかったからだと述べた。

警察は島津容疑者(35)と岡容疑者(34)を3月に逮捕し、両容疑者は容疑を認めた。 業務妨害で有罪判決を受けた場合、最高50万円(3,800ドル)または最高3年の懲役、器物損壊の場合、最高3年の懲役または最高30万円(2,280ドル)の罰金が科される。

彼らのいたずらは、2月に顧客が彼らが見たビデオをチェーンに報告したときに明らかになり、レストランはすべての生姜調味料を処分し、容器をきれいにするために一時的に閉鎖するよう促された. 吉野家は警察に告訴した。

警察は、このレストランが大阪市住野区にある吉野家チェーンの一部であることを特定しました。

吉野家ホールディングスは、いたずらが多くの顧客に不快感を与えた一方で、食品業界全体の安全性に疑問を投げかけたと述べ、同社はそのような問題が再発しないことを望んでいる、と共同通信は報じた.

醤油味の牛肉と玉ねぎを混ぜたお手頃価格のきゅう丼が人気の料理で、全国に 1,100 を超える店舗を運営する吉野家での事件は、数週間後に懸念を引き起こしました。 「Sushi Terror」として知られる、回転する寿司チェーン。

ある事件では、警察は2月に中部日本の大規模な「回転」寿司レストランで共同醤油瓶の上部を好きになり、素手で寿司を渡し、それを食べて業務を妨害したとして3人の男を逮捕した.

他の寿司チェーンも同様のいたずらに見舞われており、監視カメラの設置や寿司サービスのコンベアの停止など、顧客を監視するための措置を講じています。

READ  日本の百貨店の売上高は2021年に適度な利益を上げましたが、流行前のレベルを下回りました