Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の議員は、「キューバ宣言」で台湾のCPTPPへの加盟を要求します| 英文台湾日報

TAIPEI(Taiwan News)-金曜日(11月12日)の第7回台湾-日本交流サミットには、前例のない数の日本の政治家が出席し、CPTPPを含む国際組織に台湾が参加することへの支持を表明した。

毎年恒例のイベントには、70都道府県から合計510人の日本の議員が参加しました。 それは、COVID-19のパンデミックのために、台湾の対応者がいない神戸で起こったと報告されました。 CN

大阪の中国領事館はサミットを妨害しようとしましたが、妨害しませんでした。 神戸市会の及畑典弘氏によると、北京からの圧力に逆らって、イベント主催者はオンラインサポートを動員し、これまでで最大の参加者数を記録した。

「神戸宣言」は、アジア太平洋地域の貿易圏である環太平洋パートナーシップに関する日本主導の包括的かつ進歩的な協定(CPTPP)を含むグローバル組織への台湾の参加を求めるイベントで可決されました。 台湾は、蘇貞昌首相()が台湾の国際貿易の24%を占めると示唆したCPTPPへの参加を申請しました。

謝長廷(謝長廷)は、台湾の日本代表であり、台湾に重きを置いた日本の政治家に感謝の意を表した。 彼は、国の47の都道府県議会のうち少なくとも37が、台湾がオブザーバーとしてWHOに代表されることを求める決議を可決したと考えた。

READ  ファウチ博士は、私たちが「通常」に戻ったときに言った