Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の豆腐店はコスト上昇の中で生き残りをかけた苦戦に直面している





2022年8月5日、東京都港区の店前で豆腐などを陳列する黒澤貴志さん(経堂)

東京 (共同通信) – ロシアのウクライナ侵攻を受けて輸入大豆の価格が高騰する中、日本の豆腐店の多くは苦戦している。

最近の報告によると、東京都港区の黒澤隆さんが経営する豆腐店は、3 月に終了した会計年度に赤字のままだった中小店の約 42% の 1 つであり、前年度は 47% の赤字が発生したという。 . 信用調査会社の帝国データバンクが実施した調査。

「大豆だけでなく、プラスチック製のトレイ(パッケージ)フィルム。すべての価格が上昇している」と53歳は述べ、油揚げを作るために必要な電気や油のコストも上昇していると付け加えた.

スーパーや家族経営の小さな店で売られている豆腐は、低脂肪・高タンパクでヘルシーな食材として海外でも注目されています。

豆腐市場は、2016 年度の 3,380 億円 (25 億ドル) をピークに減少しましたが、コロナウイルスにより家で食事をする人が増えているため、市場は 3,000 億円を超えているため、減少率は鈍化しています。 パンデミック、と報告書は述べています。

一部の豆腐店では、健康食品として販売されているプロテイン バーなどの豆腐の新製品が人気を博し、売上が増加したと報告されています。

報告書によると、豆腐生産者は、輸入大豆の価格が上昇しているため、利益を上げることが困難であり、豆腐を格安価格で販売することが多い店舗にコストを転嫁することができなくなっている.

帝国データバンクによると、海外で生産された大豆の価格は、ウクライナでの戦争、円安、中国からの輸入の増加の影響を受け、2022 年には前年比で 30%、2015 年からは 75% 上昇した。

コスト高にもかかわらず、豆腐の平均価格は 2015 年とほぼ同じ 300 グラムあたり約 60 から 70 円にとどまっている、と彼女は付け加えた。

その結果、輸入大豆は現在、豆腐ブロックの販売価格の約 12% を占めており、2020 年までの数年間で約 6 ~ 7% から急激に上昇しています。

大使館の多い麻十番地区の近くで、父が約40年前に開いた豆腐屋を継いだ黒澤さんは、地元の大豆を使った「高級豆腐」を目の肥えた顧客に提供している。

クロサワさんの製品には輸入大豆は使用されていませんが、地元産の大豆の価格も上昇しており、2020 年以降の新型コロナウイルスのパンデミックにより、レストランからの需要も減少し、彼の店に打撃を与えています。

ここ数年赤字が続いているが、黒澤氏は物件を所有しているため、家賃を支払う必要がないため、なんとか営業を続けることができた.

「物価は少しずつ上昇しており、慣れているため、上昇を直接感じることが難しくなっている」と語った。

しかし、クロサワは、再開発プロジェクトのために年内に閉店しなければならないため、彼の店の日数が限られていることを知っています.

クロサワさんと妻のリカさんは、海外に住む健康志向の顧客向けにプレミアム商品を発送するサービスを開始することを検討していると語った.

彼らはまた、国がコロナウイルスで国境管理を緩和した後、外国人観光客を豆腐製造プロセスを見るように招待することを再開する予定です.

READ  BepiColombo宇宙船は、近くを飛行中に水星の最初の画像を送信します| スペース