Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の財務大臣の発言後、ドルは下落し、円は安定

日本の財務大臣の発言後、ドルは下落し、円は安定

火曜の統計で2月の長期米国製造品受注が予想以上に増加した一方、企業の設備投資は第1・四半期に改善したようで、ドル指数は一時損失を縮小した。

フォレックスライブ(トロント)のシニア通貨ストラテジスト、アダム・パットン氏は「市場は米国経済の亀裂の兆候を熱心に探しているが、見つけるのは難しい。耐久財は今日もそれを示している」と述べた。 「まさに様子見の市場だ。」

金曜日に発表される個人消費支出(PCE)が今週の主な景気の起爆剤となる。 2月の米国コアPCE価格指数は0.3%上昇すると予想されており、年率2.8%のペースを維持することになる。

ただし、米国株式市場と米国債市場が聖金曜日の祝日で休場のため、金曜日の取引高は少ない可能性がある。

最近の取引でドル指数は0.08%下落して104.14ドルとなった一方、ユーロは0.12%上昇して1.0849ドルとなった。

今週は、月末と四半期末のポートフォリオのリバランスによりドルに圧力がかかる可能性がある。

日本当局による口頭介入が続いたため、この日の円は151.41円でほとんど変動しなかった。 日本銀行が8年間にわたるマイナス金利を終了したにもかかわらず、先週は下落した。

トレーダーらは日本とその他の国々、特に米国との金利の明らかな違いに引き続き注目している。 2022年10月に到達した1ドル=151.94の水準を超えれば、日本の通貨は1990年以来の安値となる。

2022年、日本の当局は円を支援するために為替市場に介入した。

日本の鈴木俊一財務相は火曜日、「急激な為替変動は望ましくない」と述べた。 これは、日本の首席通貨外交官である神田正人氏が月曜、投機筋が円を売ろうとしていると警告した後のことだった。

「ドル/円は151.50円付近で張り付いている。キャリーイールドのため、人々は対ドルで円を買いたがるが、152円や153円になると通貨当局から罰せられる可能性があるため、買いたがらない」試してみることだ」と野村銀行の為替ストラテジスト、三依祐介氏は語った。

キャリートレードでは、投資家が低利回り通貨で借り入れて高利回り通貨に投資する。

中国人民元も金曜日の突然の急落以来、特にトレーダーらの注目を集めているが、中国人民銀行による予想よりも厳しい改革を受け、オフショア市場では1ドル=7.2492元まで若干上昇した。

(Karen Brettell によるレポート、Ray Wee と Alun John による追加レポート、Nick Zieminski による編集)

免責事項: このレポートはロイター ニュース サービスから自動的に生成されています。 ThePrint はその内容について一切の責任を負いません。

READ  日本は嵐の前に九州に特別な台風警報を発令します