Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の車いすテニススター、カミジが教育を使命

車いすテニスのスター、神子悠は、東京パラリンピックが日本のパラゲームの重要な瞬間になることを望んでおり、ゲームの開会式でのゴールドロンライターとしての彼の重要な役割がそれを達成するのに大いに役立つことを望んでいます。

3回目のパラリンピックに出場する27歳の神司は、火曜日の夜に国立競技場の球体タワーを照らす3人の選手の一人に選ばれたことを大変光栄に思っていると語った。

東京パラリンピックトーチリレーの最終ランナー、(L)パワーリフター森崎カリン、車いすテニス選手上地結衣、ボシア選手内田俊輔が2021年8月24日の開会式で大釜を積んだ後の写真。 東京の国立競技場。 (京都)==京都

リオデジャネイロ大会で女子シングルス銅メダルを獲得した上地は、初のパラリンピック金メダル獲得のロールモデルになりたいと考えています。

「テレビやインターネットで多くの人にパラリンピックを見てもらいたい。トーチリレーの一員として、車いすテニスがますます注目されることを願っている」と上地氏は土曜日の初戦で語った。

カミジは開会式で、自分にふさわしくない人物だったので、引き受ける前によく考えていたと語ったが、今では東京でより上手にプレーするきっかけになると考えている。

彼は2004年にゲームを引き継ぎ、ゲームのトップに立ったTrailBlazerでした。 彼はロンドンでの2012年パラリンピックデビューでシングルスとダブルスの準々決勝に進出しましたが、5年前のブラジルでの決勝戦には進出しませんでした。

「メダルを獲得できて安心しました。帰国後、たくさんの人に話してもらえて良かったのですが、当時の失望感はまだまだ強いです」と神地氏は今月初めに語った。

「私は貪欲だと知っているが、今回は、これまでに行ったすべてのことを、結果と競技中のパフォーマンスの観点から示したい。結果が金であれば、それでいい」と彼は語った。

オープニングセレモニーでは、日本のボスキアアスリートの内田俊輔とパワーリフティングの森崎カリンと一緒にステージに上がった。

「私は炎が燃えるのを見るのに最も近い人でした、そしてそれは本当に私に感銘を与えました」と神地は今週初めに言いました。 「それは本当に私に深刻な影響を与えました、そして私は自分のすべての能力で遊ぶためにうまくやるべきだと思いました。」

日本の車いすテニス選手の神地悠は、2021年8月28日に東京の有明テニスの森で開催された東京パラリンピックで女子シングルスの第1ラウンドをプレーします。 (京都)

カミジは、アリアグテニスパークでアルゼンチンのマリアフロレンシアモレノを6-0、6-1で破った後、土曜日にキャンペーンの第2ラウンドに進みました。

ここでの彼女の最大のライバルは、オランダの第1シードのTide deGrootと第3シードのAneekvanGoetです。

「とても緊張しました」と神地は最初の試合の後で言った。 「次の人のためにできることをしたい。」

READ  EBayは日系アメリカ人の拷問キャンプで作成されたリストセールスアートを削除します