Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の近畿大学がニホンウナギの完全養殖を達成

日本の近畿大学がニホンウナギの完全養殖を達成

2024 年 2 月 12 日 ボニー・ウェイコット

研究者らは日本の食と文化にとって重要な種の生物学的謎の解明に近づいている

ニホンウナギを適正なコストで養殖することは長年の課題であったが、近畿大学の最近の開発により期待が高まっている。 写真提供:近畿大学

昨年10月、日本の近畿大学が国内で初めてニホンウナギの養殖に成功した(アンギラジャポニカ)大学で飼育された古い標本から幼虫を孵化させることによって。

ウナギの養殖は天然で捕獲された稚魚や孵化したばかりの子魚に依存しているが、その数が大幅に減少し、ウナギの保護活動に対する日本の関心が高まっていることから、同社の最近の取り組みが実用化されるのではないかとの期待が高まっている。 日本の食文化に欠かせない食材の商業生産。

近畿大学水産養殖研究所教授の田中秀樹氏は、「日本人は毎年約5万トンのウナギを消費している」と語る。 弁護士。 「多くの人は、大学のウナギ繁殖の取り組みが、減少する野生の個体数を守るための重要なステップであると信じています。ウナギは伝統的な日本料理の主食の1つであり、何百年もの間、健康的で贅沢な食べ物でした。私たちは、私たちの取り組みが、この重要な種の必要性を満たすのに大いに役立つ日が来ています。」

錦帯ニホンウナギの研究 1976 年からウナギの仔魚生産に関する研究が始まりました。 1984年と1989年には卵の採取と孵化に成功したが、幼虫が餌を食べなかったため、その後研究は中止された。 同施設は、2010年にウナギの完全養殖を達成した世界初の施設となった国営水産研究・教育機構の手法に基づいて2019年3月に再オープンした。

2019年9月、錦帯はウナギの稚魚やレプトケファリの捕獲に成功しましたが、残念ながら生き残ることはできませんでした。 2021年3月現在、錦帯町で初めてシラスウナギの稚魚が入手されました。 これらから、幼虫は2023年に孵化します。

ニホンウナギ
近畿大学水産養殖研究所の田中秀樹教授。 写真提供:近畿大学

シラスウナギは、卵と精子を生成するためにホルモンを投与することによって人工的に成熟しました(飼育下では、ウナギは成熟に関与するホルモンを生成または分泌せず、その結果、性的に成熟しません)。 2023年7月5日に受精卵が取り出され、翌日幼虫が孵化した。 約5~10か月でシラスウナギに変態し、成体の大きさになるまでさらに1年ほどかかります。

「私たちの主な使命は、商業規模の生産に使用できる量のシラスウナギを低コストで提供することです」と田中氏は語った。 「完全養殖で得られるシラスウナギは、野生下で個体数に負担をかけないという点でユニークです。しかし、病気に罹らず、味が良く、成長が早いと有利です。

近大はウナギの稚魚の生態には謎が多いため、大量のウナギを維持するのに苦労してきた。 これまでのところ、受精卵を入手してシラスウナギに変えることは困難な課題でした。 また、現在ウナギの幼生を飼育する技術は小型の水槽でしか利用できず、規模や数を増やすだけでは大規模生産を達成できない可能性がある。 これは、現在シラスウナギを低コストで大量生産する可能性がないことを意味します。 近泰は今後、シラスウナギの大量生産を可能にする生産技術の向上と飼料の改良に注力して課題に対処していく予定だ。

「シラスウナギには、消化吸収されやすい魚、乳製品、鶏卵黄を酵素処理した出汁タイプの餌が与えられています」と田中氏は語った。 「飼料を最適化するには、物性を重視しながら各成分を見直します。混合比率を変更したり、飼育試験を行ったりして、生存率、成長、幼虫の健康状態などの評価を繰り返します。」

ニホンウナギ
錦帯島の研究者らは、ウナギの生態には多くの謎があるため、大量のウナギの稚ウナギを維持するのに苦労してきた。 写真提供:近畿大学

「私たちにとって最も困難な問題は時間の制約でした」と田中氏は続けた。 「ヒナが成熟して次の世代を産むまでには一定の年数がかかり、研究によってこの時間を短縮することは困難です。4年までには採卵、孵化、幼虫の飼育など多くの問題があります。これらのプロセスは、まだ安定していない。」

しかし、同大学はクロマグロなど他の魚種でも完全養殖に成功しており、ニホンウナギでもそれを達成することで、早期の商業化が期待される。 田中氏の次のステップは、より持続可能な採卵、孵化、幼虫の飼育のための培養技術を開発することだ。 彼は、将来的にはKintaiメソッドが商業目的で使用されることを望んでいます。

「限界があり、養殖に必要なすべてのシラスウナギを直ちに低コストで生産することは容易ではない」と同氏は語った。 「しかし、今よりも低コストで、しかも大量に生産できる日が来るでしょう。」

@GSA_Advocate

これで記事の最後に到達しました…

…教育、権利擁護、第三者保証を通じて責任ある水産慣行を推進するという GSA の使命を支援することを検討してください。 の 弁護士 この活動は、責任ある水産物の実践の進化を文書化し、寄稿者の広大なネットワークの広範な知識を共有することを目的としています。

Global Seafood Alliance のメンバーになることで、メンバーシップの特典、リソース、イベントを通じて、コンテスト前のすべての作業を確実に継続することができます。 個人会員の料金は年間 50 ドルです。

GSA 会員ではありませんか? 参加しませんか。

GSA をサポートしてメンバーになる

READ  マグニチュード6.1の地震と揺れが伊豆諸島を襲ったことを受け、日本は津波警報を発令した。