Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の選挙では、地方の有権者は大都市の有権者よりも数えられます

智頭、日本-静の山の村は、一方の側が70年近くの間日本の電力の仮想ロックをどのように維持してきたかについて多くを語っています。

西日本の村は長い間衰退してきました。 人口は6,600人に減少し、その半数近くが高齢者です。 病院の産科病棟は15年以上閉鎖されています。 かつて支配的だった林業は衰退し、年末の見本市は開催されなくなりました。

しかし、昨年、中央政府からの多額の資金援助を受けて、村は大きな子供用セクションを備えた12,000平方フィートの図書館を建設しました。 2017年に保育園を新設し、2年前に中学校を全面改修しました。

有権者が日曜日の全国選挙で国会議員を選ぶ準備をしているとき、静雄の住民はそのような大規模なものの背後にある力を強く認識しています。 日本では、地方の投票は都市の投票よりも重要であり、千津のような人口の少ない地域では議会の議席が不釣り合いに多く、国の政治家に懸念を登録する機会が増えています。

この構造は、1955年以来4年を除いて日本を統治してきた保守的な自由民主党に有利に働きます。党は、一部には氾濫した農村地域からの強力な支援により、議会選挙で過半数を獲得することが期待されています。 納税者のお金で。

ある意味で、日本の農村人口の強さは、人口規模に関係なくすべての州に2人の上院議員がいる米国の政治情勢に匹敵します。共和党は、農村州を支配しているため、大きな利点があります。

千津では、政治的代表と公的財源へのアクセスとの関係は明白です。 金子秀夫市長(68)は、国会議員のヘビー級議員が住民を代表しているため、改築された事務所でのインタビューで、「政府の十分な支援を得ることができる」と述べた。

智頭は、日本で最も人口の少ない鳥取県にあります。 圭三を含む地域では、国会議員は、東京で最も人口の多い地区の下院で議員が務める有権者の半分未満を代表しています。

批評家は、農村地域で一般的なそのような格差は、「一人一票」という民主主義の原則と根本的に矛盾し、日本の国内政策と優先順位を歪めていると言います。

日本人の人口が都心に集中する中、「日本の政策は地方に焦点を当てている」。 和田淳一郎、横浜市立大学の政治経済学者。

地方選挙区では、より高い農業補助金、より多くの病床、またはより小さなクラスの規模を生み出すことに加えて、投票システムは、多数派が反対する政策に向けて政治的議論を推し進めることができます。

地方の有権者は年を取り、保守派に傾倒する傾向があるため、彼は言った 堀内裕作ダートマス大学の政府と日本研究の教授である彼らは、現状を維持する政治家(多くの場合、自由民主党から)を選出する傾向があります。

したがって、たとえば、日本人の大多数は、すべての既婚者は名前を共有する必要があるという法律の変更を支持していますが、地方の有権者は、法律をそのまま維持することを支持する可能性があります。 「有権者の偏在の問題が解決されれば、都市の声が聞こえるだろう」と堀内氏は語った。

農村地域の支持者は、代表が人口によって厳密に割り当てられた場合、日本の後背地がさらに悪化する可能性があると主張し、一部の政治科学者が同意する議論は有用です。

代表と公的資金の関係を考えると、彼は言った 粕谷陽子東京の慶應義塾大学の比較政治学教授であるD.は、「反論の1つは、補助金が非常に効率的かつ均等に分配される可能性があるということですが、それは地方に道路がないことを意味します。ショッピングモールがあり、基本的な設備がありません。」

しかし、日本の裁判所が偏在に対する法的な異議申し立てに直面したとき、彼らはここ数十年で格差を縮小するために取り組んできました。

法廷闘争を主導した升永英敏弁護士は、「国民の意志を正しく反映できる選挙制度の構築が急務だ」と主張する。 しかし、彼は、システムの変更から利益を得るかもしれない都市の有権者はしばしば選挙の不平等に気づいていないと言いました。 「人々は知らないので、人々はそれが不公平だとは思わない」と増永氏は語った。

今週のある夜、国内で最も人口の多い地区である東京の足立パビリオンで、数人の住民が、電車の近くで選挙運動をしている自由民主党と野党立憲民主党の2人の候補者のどちらかに興味を持っているようだった。 駅。

化粧品販売店の会計士である村上雄太さん(36)は、都市部と農村部の違いを認識しているが、東京の投票率の低さを懸念していると語った。

「最大の問題は、人々を世論調査に行かせることだ」と村上氏は、野党候補にスーパーマーケットの外で一撃を与えた後、言った。

前回の衆議院選挙では、2017年に安達郡の登録有権者の半数未満が投票しました。 千津では63%が投票した。

静の議決権は人々が守っています。 多くの住民は、鳥取県を衆議院で35年間代表し、智頭の近くの町で育った元国防農業大臣の石場茂郎と個人的なつながりを感じています。

「私たちは彼に多くのことを期待し、彼に頼っています」と、ある年齢の女性のためのニットウェアでいっぱいの棚を持つ衣料品店のオーナー、62歳の山谷聡子は言いました。 地方の人々には、都市の住人が理解できない独自の問題があります。 人口が少なくても、私たちの声が聞こえるはずです。」

先週、鳥取県最大の町である米子市で行われた夕方のキャンペーンストップで、石場氏は白いトラックの上に立ち、雨の中約40人のグループに話しかけた。

「日本は人口が減少し続け、人々が東京に移るだけの場所であってはならない」と石場氏は叫んだ。 「私たちは、この分野における農業、水産業、林業、観光、サービス産業、および中小企業の力を最大化する必要があります。」

鳥取県が2015年の再選挙計画で隣接する島根県と合併し、両県に1名の議員が任命された後、この地区はすでに参議院の議員を失っていた。

下院では、2人の議員が鳥取を代表している。 ある時、智頭で毎日散髪をしている理髪師である85歳の大阪義地は、日本の議会が知られているように、議会で4人の鳥取議員に仕えたことを思い出します。 「助けを求めたいときは、4か所あるのが良かったです」と大阪さん。

チズが中学校を再建したいと思ったとき、ポークドラム政策が助けになりました。石場氏はチズの指導者を国の助成金の承認を担当するUSDAの高官に紹介しました。

2,100万ドルの生徒のアップグレードにより、134人の中学生にコンピューターラボ、テニスコート、楽器でいっぱいの音楽室、2つの中庭、4つのバスケットボールフープと大きなデッキのあるジムが提供されました。 最近の午後、合唱コンサートのリハーサルをしている9年生は、体育館の広大なスペースとアーチ型の木製の天井を小さくしました。

また、寛大な政府補助金の恩恵を受けた新参者はほとんどいませんでした。 東京出身のイタロと渡邉真理子は、2015年に千津に引っ越し、町の端にある田んぼに囲まれた廃墟となった保育園にパン屋、醸造所、カフェを立ち上げました。

渡辺さん(50)は、政府の助成金で機械の半分の費用を賄っていると述べ、現在、渡辺さん(43)と他の2つのビジネスパートナーが近くの小学校をホテルに改造し、公的資金で改修費を支払っている。

渡辺さんは、地元の投票パターンに集団思考の感覚があることに気づいたと語った。 「ここで生まれ育った人々は、親戚や他の住民とつながりがあります」と渡辺さんは言い、一緒に投票する傾向があります。

新しく建てられた図書館で最近の朝、胸にキャリアを振っている生後5ヶ月のシングルマザーの神原麻美さん(25)は、石場さんにいつも一緒に両親の声を言った。

「彼が私たちを守ってくれているような気がします」と神楽さんは言った。

飛騨ひかりが東京からの報告に貢献した。

READ  この新しいハッブル画像は、その血まみれの細部すべてに劇的な宇宙現象を明らかにしています