Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の選挙:自民党政府の裁定、不平等| 選挙ニュース

東京、日本 – 岸田文雄首相の党は、コロナウイルスの流行に対処するための欲求不満と経済的不平等の悪化の中で、衆議院で過半数を維持するのに苦労しているため、日本の有権者は日曜日に投票に行くでしょう。

日曜日に議会が解散する前は、与党の自民党(LDP)は465議席の議席に276議席を持っていたが、その同盟国である公明党は29議席を持っていた。

ほとんどの世論調査では、自民党が再び過半数を獲得すると予測しており、投票率が低いにもかかわらず、今月初めに就任した岸田文雄は、月曜日の国民投票で党が「非常に困難な」状況に直面していると述べた。

一つの理由は、5つの主要な野党が多数の別々の加盟地区で共同候補者を擁立したことです。 もう1つは、未決定の有権者がまだ多数いることです。おそらく40パーセントにもなるでしょう。

119,000人の有権者を調査した京都通信社は水曜日に、未決定の有権者の大部分が「決定がまだ両方向に変わる可能性があることを意味する」と述べた。 38万人の有権者を集めた朝日新聞は、「投票日に向けて流れを変えることはまだ可能だ」と述べた。

日本の首都東京では、自民党が7月の市選挙で過半数の議席を獲得したが、過半数を確保できず、与党のチャンスをめぐって有権者が分裂した。

自民党は1955年から4年間日本を統治してきた [Behrouz Mehri/ AFP]

LTTEの感染への対応の初期の遅れにもかかわらず、その支持者は、人口の70パーセントが現在ウイルスに対して完全にワクチン接種されていると考えている。 彼らはまた、感染率が今週最低レベルに低下し、月曜日に東京で17件の新しいCOVID-19症例が報告されたのに対し、流行のピーク時には1日6,000件の感染が報告されたと述べています。

政府-19勝

27歳のマーケティングエグゼクティブである奈良原真理氏は、「COVID-19への政策対応を改善し、海外に出て外食する自由を含め、日常生活に戻ること」を期待して自民党に投票していると語った。 。

発生が始まって以来、日本では少なくとも18,000人がCOVID-19で死亡し、170万人が影響を受けています。

一ヶ月前に悪名高い菅義偉氏を獲得した岸田文雄氏は、連立の目標を233議席に設定し、金曜日に日経と読売新聞が発表した世論調査では、自民党だけがその数に到達するのに苦労していることが示されている。

自民党の批評家は、党がより速く反応したならば、日本はCOVID-19からの死者数を減らすことができたかもしれないと言います。 エピデミックへの対応に対する国民の不満(岸田文雄の内閣承認率は50%未満)と反対派の団結は、自民党の日本政治における支配に終止符を打つことを望んでいる。 党は1955年以来の最初の4年間日本を支配してきました。

着物モデルの天猿桜子氏は、多くの人が自民党に反対票を投じることを期待していると語った。

「改革が必要だと思う。コロナを経験した後、人々の健康と経済を守るために政党が必要だと思う」と彼は言った。

アマデラス桜吾は、政党は経済と公衆衛生を保護しなければならないと言います [Shiori Suzuki/ Al Jazeera]
鈴木れい子は日本共産党に投票すると言った [Shiori Suzuki/ Al Jazeera]

日本共産党の支持者である鈴木れい子さん(86)は、日曜日に「多くの人が様々な政党に投票するだろう」と述べた。 「これが自民党の一党政治を変えることを願っている」と彼は言った。

岸田文雄の「新資本主義」

英語教師の市原浦良氏は、これまで以上に「自民党以外の党に投票する」ことを期待していると語った。 自民党には絶対に投票しないとのことだが、どちらの党を支持するかはまだ決まっていない。

“彼ら [the LDP] これまでのところ、状況は適切に処理されておらず、彼らは人々のことを考えていないと思います」と彼は言いました。

市原の懸念の中心は、日本の富の格差の拡大であり、多くの与党批評家は、安倍晋三前首相の経済政策プラットフォームの署名である「アポノミクス」と呼んでいます。 2020年に辞任。

「アベノミクス」は当初は好評だったが、労働者の実際の賃金を改善せずに企業の利益を上げたとして批判された。

岸田文雄はその批判を受け入れ、「新資本主義」を呼びかけ、「できるだけ多くの所得と賃金を引き上げる」と述べ、所得の不平等に対処することを約束した。

しかし、批評家たちは、首相が労働者の賃金を上げる企業の減税を超えて、彼がこの問題にどのように取り組む予定であるかについて多くの詳細を与えていないと言います。

しかし、反対はありませんでした。

少なくとも、ミニチと朝日新聞の最近の社説によると。

「10月18日の議会指導者の討論の間、ほとんどの政党は経済的再分配の必要性を強調した。

「締約国は、日本社会における富の荒廃をしっかりと見つめ、それをどのように解決するかという彼らの説得力のあるビジョンで競争しなければならない。」

梅本光井氏は、日本の政党はすべて同じだと言っています。 [Shiori Suzuki/ Al Jazeera]
日本の野党は補欠選挙に出馬しないと述べた [Shiori Suzuki/ Al Jazeera]

64歳の事業主である梅本満氏は、提供される政策ソリューションは多様でも勇気づけられるものでもないことに同意します。

「私は正直に言って、どちらの党に投票するかは問題ではないと感じています」と未決定の有権者は言いました。 「それらはすべて同じです。」

しかし、経済と公衆衛生に最も関心を持っていると言う梅本氏は、投票すると述べている。 彼にはまだ選択肢がありますが、ビジネスマンは自民党が再び勝つことを期待しています。

加藤睦美さん(60)は、自民党が次の勝利への道を進んでいると信じていると語った。

「しかし、反対派も今回は議席数を増やすだろうと思う」と彼は言った。

自民党と野党の議席数のバランスが取れていれば、体系的な改革が行われることを期待している。

鈴木詩織は東京から報告した。

READ  319テラビット-ベストスコット! 日本のボフィンが世界新記録を樹立スーパーハイウェイレジストの記録で情報が急増