Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の部品メーカーがランカスターに米国初の工場を開設

ランカスター-日本の部品メーカーは、自動車産業にサービスを提供するために、ランカスターに米国で最初の工場を開設しました。

千代田インテグレ株式会社 、Ltd、ロックミル工業団地の619ミルパークドライブにある50,000平方フィートの工場。 同社は枕、両面テープ、内装材、断熱フィルムを製造する

「これは大きなニュースです」とデビッド・シェフラー市長は言いました。 「長い間(8ヶ月)営業している。7月1日から建物を引き継いで設備の移動などを始め、人を雇う。港湾局(ランカスター)はまだ管理事務所を建てなければならない。建物の内部で、このプロセスが進行中です。」

シェフラー氏は、JobsOhioが提供するインセンティブについて、今後3年間で少なくとも15人の雇用を保証する必要があると述べた。 彼は、この数字が最低保証になる可能性が高いと述べました。 シェフラーは、従業員がどのようなインセンティブや給与範囲を期待できるかを確実に知りませんでした。 しかし、千代田が特別支援のための訓練助成金を受け取ることは珍しいことではないと彼は言った。

募集は7月から開始する予定です。

新事業は、千代田のような会社を収容することを期待して彼が数年前に建てた都市向けの建物を占有します。

READ  米ドルは新興国の準備通貨としての輝きを失っています