Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の都市の90%以上が11月にCOVIDワクチンをリリースしています。

土曜日の京都ニュースの調査によると、日本の47の州都の43または91.5パーセントが今月末までに最初の2回分のKovit-19ワクチンのリリースを終了し、地方自治体は次のレベルに移行する準備をしています。 予防接種プログラム。

日本の保健省は月曜日の会議で3回目のブースターショットの詳細を最終決定する予定であり、ショットは来月初めに投与される予定です。

金曜日に発表された政府の統計によると、9,458万人、つまり日本の1億2500万人の74.7%がCOVID-19の完全ワクチン接種を受けており、1億人近くが少なくとも1回の接種を受けています。

連邦政府は地方自治体に対し、11月初旬に最初の予防接種プログラムを完了するよう求めていますが、明確な基準がないため、予防接種率が70%の制限に達したら完了することを目指しています。

11月5日から先週の水曜日まで全国で実施された調査では、15の州都がすでに最初の予防接種プログラムを完了していることがわかりました。

このうち、中谷や福岡など8都市は10月下旬に完成したとのことで、横浜や岡山など7都市は11月上旬に完成したとのことです。

他の28の州都は、今月のリリースを完了するために、11月21日から29日の週にそうする予定であると述べました。

東北地方の山形市をはじめ、ワクチン接種率80%以上、最高81.3%の3都市で発売を完了しました。

27の都市は、70%完了または終了したと述べ、残りは60%以内に完了するか、応答しなかったと述べました。 政府のデータによると、日本では人口の91%が65歳以上でした。 11月8日現在、69.3%が30歳未満、66.0%が20歳未満、60.8%が12歳と19歳未満でした。

オックスフォード大学のOurWorld Data Programによると、日本の予防接種率はカナダの予防接種率とほぼ同じで、木曜日の時点で7か国のグループの75.1%です。

米国と英国の予防接種率は当初、日本よりもそれぞれ57.4%と67.4%高かった。

READ  沖縄-日本は太平洋近くの中国の調査船の存在に反対している