Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の酒類メーカー、サントリーがインドに子会社を設立

日本の酒類メーカー、サントリーがインドに子会社を設立

日本の多国籍ビール醸造・蒸留会社サントリーは木曜日、インドでの事業を加速するためインドに子会社を設立したと発表した。 新会社サントリーインドは7月に操業を開始し、代表取締役社長は松村正志氏となります。 声明によると、同社はハリヤナ州グルガオンに事務所を設立する。

これは「強固な事業基盤を構築し、既存の蒸留酒事業の成長を加速し、インド市場でソフトドリンクや健康・ウェルネス事業の機会を創出するために必要な企業機能をカバーすることを目的としている」と声明では述べている。

広がる


サントリーホールディングス社長兼最高経営責任者(CEO)のタク・ニエナミ氏は、これは人口が多く、経済成長が著しいインドにおける新たな拠点となると述べた。

「インドは非常に魅力的な市場であり、アフリカ、中東、アジアと文化的、経済的に強い結びつきを持ち、世界舞台における地政学上の主要なプレーヤーです。

同氏は、「蒸留酒会社サントリーグローバルスピリッツと協力し、当社の清涼飲料事業と健康・ウェルネス事業を投資やパートナーシップを通じてインドでの基盤構築を支援することで、このダイナミックな市場において多角的な飲料会社としての存在感を強化していきたい」と述べた。

1899 年に日本の大阪で家族経営の会社として設立されたサントリー グループは、飲料業界の世界的リーダーです。

有名な日本のウイスキー「山崎」と「響」、有名なアメリカンウイスキーの「ジムビーム」と「マークスマーク」、すぐに飲める缶入りウイスキー「-196」、プレミアムモルツビール、日本の「トミー」ワイン、そして世界的に有名な「シャトー」のメーカーです。ラグランジュ。

2023年には税抜きで年間売上高209億ドルを達成すると予想されている。

READ  日本のトップビールと日本酒をシンガポールに持ち込むカップル