Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の里島を訪れるべき5つの理由

日本の里島を訪れるべき5つの理由

日本の中部の北海岸沖にある不規則な「S」字型の島、日本で 6 番目に大きい島である佐藤は、ほとんどの旅行者にはあまり知られていない目的地ですが、日本の文化と歴史の素晴らしい要素が数多く含まれています。 かつての流刑地として、名誉を傷つけられた貴族や学者たちが、日々を過ごすためにサトウに送られました。 繁栄する金鉱山と交通量の多い航路に位置する佐藤は、かつて武士と労働者階級の商人が住む、日本社会のさまざまな縮図を収容していました。 エメラルドグリーンの潟、杉林、雄大な大里山脈など、その地形は日本の縮図です。 佐渡は、寺院、戦車ボート、 トキ (トキ)は自然あふれる旅をご提案します。 新潟本土でのシティブレイクと組み合わせることで、旅行者は日本の最高を体験することができます。

1. 島のユニークな歴史を知る

宿根木、里の中世の港は美しい神社の中にあります 戦国プネー 町を構成するために船が建造され、使用されました。古い船の板から作られた 100 軒を超える木造住宅が、宿根木沿いに魅力的に密集した列を形成しています。 この街は佐東のライドを楽しめる場所です タライプネー、味噌樽を半分に切った伝統的なタンク漁船。 最初に呼ばれた お腹がすいた「半分に切った」という意味、ユニークな タライプネー 今でも地元の小城半島周辺で釣りに使われています。

17 世紀に佐東で金が発見され、文化と貿易がもたらされ、平和な島の生活は劇的に変化しました。 17 世紀半ばまでに、佐藤の金鉱山は、贅沢な徳川幕府 (1603 年から 1868 年までの江戸時代の日本の軍事政権) の資金援助により、日本で最も生産性の高い鉱山となりました。 西海岸に拠点を置く佐藤金山は、現在は雰囲気のあるトンネル博物館として一般公開されています。 西見川ゴールドパークでは金を購入することもできます。

佐藤は、音楽、能(日本の伝統的な演劇形式)、 オナイダゴ お祭り。 「仮面の女神の踊り」という意味です。 オナイダゴ (「幽霊太鼓」と訳される)は、仮面をかぶったダンサーと和太鼓の演奏を特徴とする芸術的なパフォーマンスであり、負のエネルギーを払い、稲の豊作を祈るために伝統的に行われています。 オナイダゴ 毎年、島のアース セレブレーション音楽祭では、有名な鼓童太鼓アンサンブルが開催されます。 一年を通して太鼓の演奏が見られます 里島太鼓センター樹齢600年のケヤキ丸太から手彫りした大きな太鼓が2つ納められています。

2. 素晴らしい海岸の風景を探索する

274 マイルの海岸線を持つ佐渡は、素晴らしい海の景色を誇ります。 西海岸にある城崗関は、長さ 2 マイル、高さ 98 フィートの急な崖で、5 つの小さな湾があり、上にあるパノラマ展望台や下にある海洋公園のボートから見るのが最適です。

さらに南に進むと、長手岬は海に削られた火山岩でできた美しい半島です。 佐渡の夕日スポット。島が点在する海はみかん色に染まり、夕方にはエキサイティングな星空観察が始まります。 さらに南に行くと、隠岐火山の沖合に美しい矢島と経島があり、印象的な赤いアーチ橋で結ばれています。

内陸部の加茂湖は新潟県最大の湖で、春には桜、冬には雪を頂いた山々が背景に季節を映し出します。 湖には自転車道、遊歩道、カキ養殖場があります。

3. 島の生態系全体で珍しい野生動物に遭遇

佐藤の変化に富んだ自然と地形は、豊かな動植物が息づく貴重な生態系を生み出しています。 亜熱帯への渡りの拠点である佐藤は、ハヤブサ、サギ、ヤツガシラ、オジロワシなど、数多くの鳥類の一時的な生息地となっています。

佐渡の人気は珍しい トキ、水田で採餌するのが好きなトキで、その顔には明滅する緑の中に紅が飛び散っています。 これらの鳥は真っ白なサギと一緒に見られることが多く、後者は野鳥観察者をだまして彼らがサギであると思い込ませることもあります。 トキ — しかし、本物は国永地区の水田か、持続可能な自然生息地である土岐ラポールプラザで通常捕まえることができます。 地元の農家は化学物質の使用を減らし、年間を通じて水田を満水にすることで鳥類の生息を促進したいと考えている。

佐渡の残りの地域は、大里石名天然杉林などの原生林や広大な山脈など、保護された国立公園でほとんどが覆われています。

4. モデル佐藤の特徴

砂浜が多く、暖流と寒流が混ざり合う佐藤には、おいしい海の幸がたくさんあります。 そのガラス質の緑青色の海には、そのような人々が住んでいます。 理解した (ブリ)、 ズワイカニ (ズワイガニ)と 私は(魚の種類)。 高級新鮮なお刺身と ぶりかつ丼 ・ぶりカツ丼。

佐藤ではリンゴ、ミカン、キウイ、ブドウなどさまざまな果物も生産しています。 おそらく最も有名な カーキ (柿)は、11月から1月に旬を迎える甘くて柔らかい果物です。 島には独自のブランド米もあります。 トキとくらすさと、それは「トキと共生する」という意味です。 酒は佐渡とその数々の祭りと古くから結びついています。 現在、島には伝統的かつ個性的な酒を造る 5 つの醸造所があります。 どブロク (にごり)とにごりのあるお酒。

5. 旅を新潟市につなげる

佐藤海峡を挟んで対岸にある内潟市は、湖や海岸線、そしてそれを二分する日本最長の川である信濃川によって「水の都」として知られる古代の港です。 新鮮な寿司と日本酒があふれる新潟の街には、年に一度のお祭りが開催されます。 根形酒の吟

神社、博物館、ショッピング施設など、新潟は日本の他の都市に比べてリラックスした雰囲気があり、ユニークな体験が満載です。 苗形でのテイスティングの機会は無限のようです。または酒蔵を訪問してください。 今代司 ツアーのために。 視聴者は芸者を見ることができます(ジギー (地元の方言で)内方市の「古町系」地区で踊る踊りは、200年以上の伝統を誇っています。 あるいは、この地域に伝わる 150 年続く餅づくりの方法を知り、餅つきワークショップに参加してみるのもいいでしょう。 美しい街を散策するのが一番 佐藤仁方峠バスや里渡船もこれに含まれます。

この有料コンテンツ記事は、ときめき佐渡にいがた観光圏向けに作成されたものです。 必ずしもナショナル ジオグラフィックの見解を反映しているわけではありません。 ナショナル ジオグラフィック トラベラー (英国)またはその編集スタッフ。

購読する ナショナル ジオグラフィック トラベラー (イギリス) ジャーナルクリック ここ。 (一部の国でのみご利用いただけます)。

今代司

READ  日本はウッタル プラデーシュ州に 72 億ルピーを投資し、HMI グループは 30 軒のホテルを建設する