Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の野心的な炭素目標は官僚的なパニックを引き起こす

菅義偉が2030年までに日本の炭素排出量を削減することを約束したとき、首相はジョー・バイデン気候サミットで世界の指導者から温かい歓迎を受けました。 しかし、彼の発表は日本の官僚機構全体にパニックを引き起こしました。

日本の政策決定は通常、コンセンサスを構築するための遅くて苦痛なプロセスを伴います。 しかし今回、菅氏は、協議も政治的議論もほとんどなく、それが可能であることを示す分析もなしに、目標を課しました。

専門家が公にその信頼性に疑問を呈し、日本人が必要な犠牲に備えていないことを警告しているため、当局は現在、新しい目標を具体的な政策に変えることを急いでいます。

小泉進次郎環境相は、政府の計画不足を象徴するコメントとして、46%が「展開されたばかり」とテレビ番組に語ったところ、ソーシャルメディアから批判と嘲笑を浴びせた。

「政府は完全に混乱している状態にある」と国家エネルギー戦略の策定を担当する諮問委員会のメンバーは述べた。 「日本はこれに備えるために何もしていません。」

菅氏は昨年9月の就任以来、気候変動と「グリーン成長」の約束を政府の要としてきた。 10月、彼は日本が2050年までに正味ゼロ炭素排出量を達成することを約束した。

菅義偉は、政治的な議論や協議なしに目標を課します。 ©山崎雄一/ロイター

しかし、それがあまりにも即時であるため、新しいターゲットはパニックを引き起こしました。 日本は以前、2030年までに2013年のレベルと比較して26%の削減を約束しました。それを46%に増やすには、わずか9年間で大幅な追加排出削減が必要になります。

キヤノングローバル研究所の杉山大志研究部長は、新しい目標は、日本が経済に大きな打撃を与えた場合にのみ達成できると述べた。 排出コストを1%削減すると年間約1兆円(92億ドル)になるため、20%ポイント削減すると20兆円になると同氏は述べた。

これはGDPの約3.5%に相当します。つまり、炭素目標は、低成長の日本経済が2030年までに期待できる生活水準の向上の多くを吸収することを意味します。

日本国際大学の教授であり、国家エネルギー評議会のメンバーである木川武雄氏は、46パーセントの目標自体は歓迎されていると述べた。 「問題は、以前の目標が低すぎたということであり、それは現実的ではない」と彼は言った。

木川氏は、2030年の目標については、日本は他国からの排出許可の購入を検討する必要があると述べた。 しかし彼は、「2050年の最終目標をスピードアップして達成することができる」と付け加えた。

2011年の福島原発事故を受けて、日本の炭素排出量削減への取り組みは停滞しました。3つの原子炉が崩壊した後、日本は残りの原子力発電所を閉鎖し、代わりに石炭と燃料油を燃やしました。

これにより、日本は、京都議定書に基づく1990年ではなく、パリ協定の排出削減の会計年度を2013年にシフトし、より高いベースラインを達成することになりました。

排出量を削減する最も簡単な方法は、日本の原子炉を再起動することです。 「しかし、すべてを元に戻したとしても、排出量を十分に削減することはできません」と杉山氏は語った。

原子力も日本人にはあまり人気がありません。 政府は、耐用年数の終わりに既存の原子炉の再起動や交換について話し合うことを躊躇しています。

気候資本

気候変動がビジネス、市場、政治と出会う場所。 ここでフィナンシャルタイムズの報道をチェックしてください

環境保護論者は、2019年の日本のエネルギー供給の約6%を占める再生可能エネルギーの大幅な増加を望んでいます。再生可能エネルギーの生産は福島の災害以来ほぼ3倍になっていますが、日本の山岳地帯は大規模なエネルギー農場の建設を困難にしています。太陽エネルギーと風力エネルギー。

そのため、多くの専門家は、オーストラリアなどの国で再生可能エネルギーを使用して生産され、日本で見つかった天然ガスや石炭を使用して燃焼される、アンモニアまたは水素の形での再生可能エネルギーの輸入に期待を寄せています。 しかし、そのような再生可能燃料の供給はまだ存在していません。

日本の排出政策のほとんどは、太陽エネルギーの固定価格買取制度とともに、公益事業会社の規制を通じて機能しました。 与党の自由党は排出権取引や炭素税の利用を議論しているが、日本の有力な実業家たちはエネルギーをより高価にする政策に反対している。

ビデオ:Greta Thunberg:気候危機を現実のものとして扱う

READ  日本は海外買収への意欲を取り戻す