Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の防衛大臣が物議を醸している戦争神社を訪問

東京(AFP)-日本の国防相は金曜日、第二次世界大戦での敗北76周年を迎える数日前に、戦没者を祈るために戦時中の日本の侵略の象徴として中国と韓国が見た東京の神社を訪れた。

20世紀前半の日本の行動の犠牲者、特に韓国と中国の2つは、約250万人の戦没者の中で有罪判決を受けた戦争犯罪者を称えるため、神社を日本の軍国主義の象徴と見なしています。

戦争の残虐行為を否定したことで知られる安倍晋三前首相の弟である岸信夫国防相は、「戦没者の命を尊重することは、どの国でも普通のことだ」と述べた。

「最後の戦争で国のために戦い、命を落とした人々に感謝と敬意を表した」とケシは祈りを捧げた後言った。 「私はまた、戦争を放棄するという誓約と、人々の命と彼らの平和な生活を守るという決意を新たにしました。」

2016年12月に安倍首相の稲田朋美氏が訪ねて以来、初めて靖国国防相を訪ねた。

安倍首相は、2013年の訪中で中国と韓国からの怒りが沸き起こり、7年間神社を離れていたが、昨年首相を辞任して以来、定期的に参拝している。

菅義偉首相は、4月の靖国春節で宗教的な装飾を寄贈しましたが、神社への訪問は避けました。

金曜日には、エピデミック対策を担当する西村康稔経済財政相が別途参拝した。

岸と西村は、8月15日の記念式典の前に、混雑を避けて静かに祈るために神社を訪れることを選んだと述べた。

韓国と中国は、日本の指導者の演技や神社への訪問を批判し、日本の戦時中の侵略に立ち向かい、反省するよう促している。

多くの韓国人は、1910年から1945年までの朝鮮半島の植民地支配について日本に深く憤慨している。韓国の戦時中の強制労働といわゆる「女性」の性的虐待に対する補償に関する意見の不一致により、ソウルと東京の関係は近年急落している。日本軍による「楽しい」。

韓国の外務省は、日本の「旧植民地支配、侵略戦争、戦争犯罪者への敬意」を体現していると述べた靖国への岸の訪問に抗議するために、ソウルの日本大使館の公館次席を召喚したと述べた。 ソウル国防省は、岸氏の訪問は「不幸」であり、「強い懸念と後悔」を表明した声明を発表した。

___

韓国のソウルにいるAP通信のライター、キム・トンヒョンがこのレポートに寄稿しました。

READ  Genesis G70の価格は、2022年のドイツと日本の主要な競合他社を下回っています。