Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の隠れた水力発電国は水をカーボンニュートラルに押し上げています

日本の富山-2050年までに温室効果ガス排出量をゼロにするという日本の入札は、開発者が水と風の可能性を広げている地域で草の根の制度的支援を行っています。

富山県に本拠を置く地域の貸し手である北陸銀行は、先月から、東京の北西約260kmにある富山県中部のデータセンターに地元の水力発電のみを使用しています。

この銀行は、地域の公益事業である北陸電力と富山県が立ち上げた電力プロジェクトに最初に加入した企業です。 電気料金に含まれる保険料は、都道府県が運営する水力発電所の発電量に投入する。

年間合計2,615トンのCO2を削減する予定です。 銀行にとって、これは排出量を21%削減することを意味します。

日本で最も高いダムである高さ186メートルのグループダムと、豊富な電力を供給する富山県は、当初、大規模メーカーのハブに成長しました。 ジッパーメーカーのYKKやニチイゴファーマシューティカルなどがあります。

富山は、潜在的な水力エネルギー資源で国内第2位、すでに開発されている水力で第1位です。

日本で最も高い水力発電ダムと富山県で人気の観光地であるグローブダムから水が流れ出します。 (写真提供:福本有希)

北陸電気は、2031年3月期の再生可能エネルギー生産量を2018年度に比べて30%増加させることを発表しました。 より多くの水力発電所を建設し、既存の水力発電所をアップグレードすることを計画しています。

日本本州本州の北西部に位置する北陸は、日本海から吹く強風で知られています。 福井県では、現在、いくつかの洋上風力発電プロジェクトを含む、政府の評価を受けている風力発電プロジェクトが12件あります。

プロジェクトの予想総生産能力は合計134万キロワットであり、同じ州で稼働している関西電力の原子力発電所よりも多くの電力があります。

北陸地方の一部である福井県あわらの海岸沿いの町にある日本海からの風力タービン。 (写真提供:J-Power)

隣接する石川県では、昨年8月時点で12基の風力発電所が稼働しており、9基が検討中である。 これらの計画されたプロジェクトの多くは、風が強く安定する能登半島北部にあります。 カンザス州の観光地として知られる石川県は、北陸地方の3つの州で風力タービンの数が最も多い国です。

日本の現在の風力発電容量は、北海道とドーホー地域の北部にあります。 しかし、これらの地域では、地域の送電網に接続するための風力発電所の利用可能性が低下しています。 開発者は、グリッド接続の可能性が高い日本の他の地域を探しています。

電力プロジェクトの運営者は、能登から福井までずっと空気が良いことを理解しています」と、福井の沿岸および洋上ウィンドファームプロジェクトに携わっている東京を拠点とするOSCFの梅田明敏社長は述べています。

福井市の環境保護当局によると、計画されているすべてのプロジェクトがその近接性やその他の要因を考慮に入れているわけではありません。

タコスを拠点とする会社であるAlhitechの労働者は、機械製造からのアルミニウムスクラップを使用して水素を製造するためのツールをテストします。 (写真提供:国田拓二)

再生可能エネルギーに加えて、北陸地方で最も重要なエネルギー産業であるアルミニウムから水素を製造するための新しいイニシアチブがあります。

富山県の東光葉では、スタートアップのAlhitechがアルミニウム部品の粉砕中に生成された削りくずを取り、それらを化学溶液と混合して水素を形成します。 トヨタ自動車の助けを借りて、同社は技術をテストし、その性能を確認したと、水樹信樹社長は言います。

リサイクルアルミニウムは、一般的に自動車エンジンの製造に使用されます。 しかし、電気自動車が将来的に担当するため、従来のエンジンは廃止されると予想されるため、アルミニウムの従来型機械は水素生産において新たな命を吹き込むことが期待されています。

READ  日本でのドコモのモバイルサービスの混乱は2日目も続く