Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の風光明媚な「田田」棚田は、放棄された後、ハーブでいっぱいになりました



2021年3月23日、早稲田大学名誉教授、棚田研究会顧問の中島ミンヒロが東京23区新宿区の田んぼの未来について語る(本一・野郎健二)

東京-日本の「タナダ」棚田は、その古代の美しさから懐かしい風景です。 4月から5月にかけて水田が水で満たされ、田植えが始まり、観光に最適な時期です。 しかし、全国のこれらの棚田の多くは放棄され、廃墟となっています。

棚田には、山腹や谷の斜面に階段状に水田が並んでいます。 風光明媚な棚田は映画とも呼ばれ、「千の田んぼ」と訳されます。

毎日新聞は、1999年に「日本の米の基準トップ100」に認定された134の水田を持つ全国107の市町村を対象に調査を実施しました。 (実際の総数は100を超えています。)調査によると、棚田の約40%が管理されていないか、サイズが縮小されています。 日本の田んぼの現状を理解するために、これらのサイトのいくつかを訪れました。

早稲田大学名誉教授で棚田研究会のコンサルタントである中島ミニヒロさん(87)は、2019年には全国に約15万ヘクタールの棚田があり、約239万ヘクタールの水田の6%を占めていると推定している。フィールド。国の米。

1970年に始まった日本の稲作面積制限政策以降、人口減少や社会の高齢化に刺激されて、稲作農家が畑で異なる作物を放棄したり、異なる作物を栽培し始めたりするケースが多く見られます。 中島は、棚田の面積が1970年の約半分に減少したと推定しています。

棚田は平野に比べて維持管理が難しいが、昼夜の気温差が大きいため、稲がゆっくりと成長して成長するため、高品質の稲が作られていると言われている。それらの作物。 水源の近くにあるので良い水。 棚田は、山から流れる水を貯めることで洪水や地滑りを防ぐ役割も果たしています。 農林水産省は、このような機能を備えた棚田の保全と維持を促進するために、134の棚田の選択を承認しました。



栃木県那須から荘山で撮影された2021年3月の写真では、過去に多くの観光客を魅了したとされる棚田の棚田が、道端の看板が崩れた無人状態で見られます。 (毎日/のろ健二)

2月、毎日新聞は、選択した107の市町村に134の棚田の現状を調査し、101の市町村から127の棚田について回答を得た。 調査によると、61の棚田(48%)は、農業省によって承認された時点で、土地面積のサイズに変化は見られませんでした。 一方、37.8%、つまり48の棚田のスペースは縮小したと言われています。

毎日の調査では、6つのサイト(4.7%)が「管理されていない」ままであることがわかりました。 栃木県なっすからそやまにある国見の田田。 道路脇にはエチケットに注意を促す看板が掲げられ、草や森に覆われていました。 その光景は、以前に水田があったとは信じがたいものでした。 「ここには美しい棚田があり、映画の撮影にも使われていました」と、稲作を続けている85歳の小森義夫さん。 「これらの風景が果樹園に変わるのは悲しいことです」と彼はつぶやいた。

農業省の百選択棚田に関する農業省のウェブサイトによると、国見の田田は2.1ヘクタールの面積を持っており、「それは10の農家によって栽培された50の水田で構成されています」。 しかし、現在、米はこれらの水田のうち、家族が食べるのに十分な量の小森3つを含む4つしか栽培されていません。 2018年、棚田の所有者は、省が選択した棚田を主催する市町村やその他の団体を含む日本の田田通信委員会を去りました。



2021年3月、栃木県なっすからそやまにある田田である国見の田田を見下ろす小森義夫が見られます。 。 雑草の中。 (毎日/のろ健二)

小森自身は、稲作は一年か二年しかできないと考えています。 地方自治体からは、なんらかの形で稲作を続けるよう求められたが、「年をとっていて後継者がいないので難しい」と語った。 くもり田んぼは、動物を寄せ付けない有刺鉄線の電気柵に囲まれています。 「最近はイノシシが現れて稲を破壊します。以前は地域に人が多かったので、そんなものは必要ありませんでした」と彼は語った。 コミュニティの人口は、過去20年間で以前のレベルの半分未満に減少しています。

調査によると、宮城県栗原市の獅子山田田は「管理されていない」もう一つの水田です。 「棚田トップ100から選ばれた」と書かれた看板に、「美しい景観を演出したり、さまざまな動植物が生息するなど、さまざまな役割を果たしている」とのこと。 しかし、他の人里離れた場所と同様に、その地域は雑草で覆われていました。

地元のパビリオンの65歳の長によると、「トップ100」シダーテラスとして認定されていることを知って、サイトを訪れる観光客のまれな例があります。 市長は、地元の人に絵のように美しい場所について尋ねる人もいると言ったが、その場所が荒廃した状態にあることを知ってがっかりした。 区長は「看板を取り除く必要性について地域社会の間で話し合いがあった」と述べた。



この2021年3月の写真では、宮城県栗原市で西山田田が見られます。農林水産省が選んだ絵のように美しい場所として水田を示す看板がありますが、観光客は荒れ果てた状態に失望しているようです。 (毎日/のろ健二)

しかし、後継者がいないため、棚田が差し迫った危機を免れた場合があった。 岩手県一関市の田田金山は、MOAトップ100に選ばれていませんが、美しいとされています。 約50の水田を所有していた金井山隆樹さん(83)は、老後のため2019年に農業を断念した。 同じ地域出身の櫻井悠さん(28)と出会ったのはこの頃。 4人の若い地域ボランティアで「プレイファーム」を設立した櫻井さんは、金山さんから農業指導を受けました。

櫻井氏は、「シャベルだけで畑の間に丘を作るという金山の技と、玄関の美しさに影響を受けた」という強い思いを持っていたという。 2020年には、棚田で栽培された米が市への税の贈り物として承認されました。

杉のテラスに「オーナー制」を採用しているエリアもあります。 この制度では、都市部に住む個人が会費を払って所有者となるのに対し、田んぼは通常地元の農家が管理している。 所有者は、稲の植え付け、収穫、収穫など、いくつかの段階を支援するためにサイトを訪問します。 オーナー制度は全国約90地域で実施されているとのことです。



2021年3月、岩手県越ノ関で金山田田の保存を手伝った「遊び場」俳優の櫻井優が見られた。(毎日/野郎健二)

棚田の国内プロモーションを推進するために議員によって開始された法律が2019年に施行されました。この法律の下で定義された水田をリストすることは、農民が補助金を受け取りやすくするとともに、段丘。 内閣府によると、2021年4月15日現在、全国642地域が法律で定められています。 内閣府の関係者は、「予想以上に多くの要望が寄せられた。棚田だけでなく、地域全体を対象とした法律であり、積極的に活用してほしい」と述べた。

棚田研究会のコンサルタントである中島氏は、「棚田は、稲作に適さない傾斜地を開放して、稲を食べたいという気持ちで作った」と語った。先祖が作った棚田を簡単に取り除くことができます。」

棚田を保全するための措置が講じられることを期待し、「農民には、先祖の財産を次世代に譲渡するための法律と所有者の制度の恩恵を受けてほしい」と述べた。

(地域ニュース局、野郎健二による日本語起源)

READ  映画でのサイモン&ガーファンクルの歌のトップ10の使用