Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の食用昆虫貿易は、価格上昇と流行の陰りで味を失いつつある

日本の食用昆虫貿易は、価格上昇と流行の陰りで味を失いつつある





2022年11月に徳島県小松島市で撮影されたこのアーカイブ写真には、コオロギ粉(左奥)とそれを使ったコロッケ(右)が写っている。 (共同)

徳島 (共同通信) – 栄養豊富で人道的食糧危機の解決に役立つと期待されているゴキブリの人間による消費は、日本において岐路に達している。

食用昆虫市場に参入する企業の最近の波は、食材価格の高騰と昆虫を食事の一部にすることに対する消費者の継続的な抵抗によってさらなる成長が妨げられているため、一時的な流行にすぎない可能性がある。

この業界の企業はソーシャル メディアで特に大きな打撃を受けており、自社製品に悪用のフラグが立てられることもあり、誤った情報や虚偽の主張が拡散されます。

2022年11月、徳島県で全国で初めて学校給食にゴキブリが使用され、全国的なニュースとなり、生徒たちの好奇の視線を集めた。

食事を提供したのは、コオロギを使って粉末コロッケを製造する、徳島市の合法的な会社「グリルス株式会社」だ。

しかし、ゴキブリの餌に使われる原材料の価格が高騰したため、グリルスは今年初め、ゴキブリを使った食品開発研究所を閉鎖した。 同氏は、コスト削減では赤字はカバーできないと述べた。

さらに同社は、鳴く昆虫を食べるという考えに今でも極度の嫌悪感を抱いている人もいると述べた。 同社の広報担当者は「電話で苦情が殺到しており、状況は非常に困難になっている」と述べた。

大手製パンメーカーのパスコ敷島(名古屋市)は2020年12月、コオロギの粉末をパンやフィナンシェなどのケーキに練り込んだ「こおろぎカフェ」シリーズを発売し、人気のフレーバーとなった。 フランスのケーキ。





2022年11月のこの資料写真は、徳島県駒津島でコオロギの粉を使ってコロッケを作っている様子を示しています。 (共同)

この製品はオンラインのみで販売されており、表向きは将来の食糧不安に備えるように設計されていた。 発売後2日で完売するなど好評を博し、メディアでも多数取り上げられた。

しかし、2023年2月に「X」(旧Twitter)上で人間の昆虫食(昆虫食として知られる行為)を巡る論争が始まり、同社内で炎上騒動が巻き起こった。

冷静に事実を指摘して意見を述べる人もいれば、「パスコの商品にコオロギが含まれていると知って困惑した」という人もいて、例えば「パスコの商品を買う気もなくなった」という人もいた。

別の企業は、同社の他の製品にはゴキブリの粉末が含まれている可能性があり、適切な表示によってその成分にアレルギーがある可能性のある消費者を保護するものではないと誤って示唆しました。

後に同社は、クリケットカフェ製品は専用施設で製造されており、コオロギ粉末が他の製品と混合する可能性や、他の製品に将来使用する計画はないことを明らかにしたため、どちらの主張も根拠のないものであった。

さらに、パスコ氏は、アレルギーの警告がパッケージに明確に書かれており、ゴキブリに似た成分を含むカニやエビなどの甲殻類にアレルギーがある場合は製品を使用しないよう消費者に求めていると述べた。 コオロギパウダーも主成分の一つとしてパッケージに明記されています。

コオロギを食べると妊婦が流産する可能性があるのではないかと疑問を呈する人など、陰謀論や突飛な噂に基づいてパスコのボイコットを呼びかける投稿もあった。 クリケットカフェチェーンはその後廃止されました。

2013年の報告書で、国連食糧農業機関は新しいタンパク質源として昆虫食を推奨しました。 世界人口は今後も増加すると予想され、食糧不足が懸念されるためだ。

東京に本拠を置くシンクタンク、気象庁総合研究所は、世界の昆虫食市場は2019年度の約70億円(4700万ドル)から2025年度には1000億円に成長すると推計している。

多くの企業が成長を期待して市場に参入しましたが、成功が保証されているわけではありません。

札幌地方裁判所は1月、北海道の首都札幌市でコオロギ食事業にも進出しているIT新興企業インディテールに破産手続きの開始を命じた。

信用調査会社帝国データバンク支店によると。 札幌市ではコオロギ商品の売り上げが伸びず、経営が悪化した。 グループ会社を含めた負債総額は2億円を超える。

日本では長野県南部など一部の地域で古くから昆虫が珍味として食べられてきました。

しかし、コオロギを食べることには反発があるようだ。差し迫った食糧危機に対する危機感が欠けているほとんどの人にとって、コオロギを食べる習慣はなじみがないからだ。 専門家らは、コオロギ消費における「悪い要因」を克服するには、企業側のさらなる創意工夫が必要になると指摘している。

東京の民間研究センター、日本総合研究所の研究主任、石川智久氏は「昆虫が栄養価が高いのは事実だ。漢方薬や栄養補助食品に昆虫を使うことへの抵抗は少ない」と話す。

しかし同氏は、「最終的に消費者に受け入れられるよう、食品に使用および応用される技術を開発する方が良いだろう」とも付け加えた。

(ピコ祐一)

READ  中国は、国連の協議が始まるにつれ、経済計画に生物多様性を含めることを約束します