Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の首相が留学先のノースカロライナ分校を訪問

日本の首相が留学先のノースカロライナ分校を訪問

同氏はノースカロライナ州立大学の敷地内にある名古屋大学グローバルキャンパスで学生や教員らと面会した。

ノースカロライナ州は、4月12日の外国政府首脳の訪問はほぼ70年ぶりだと述べた。

岸田氏は訪問中にノースカロライナ州を訪問する決断について「日米パートナーシップがワシントンを超えて広がっていることを示したかった」と述べた。

同氏の「タール・ヒール」州への訪問は、米国の2つの異なる大学との企業と大学のAIパートナーシップへの1億1,000万ドルの民間投資の発表に続いたものである。

同大学によると、岸田氏は名古屋キャンパスで日本からの学生7人と自身の戦略目標について率直に話し合った。

留学者数が50万人に倍増することに触れ、「未来をつくる若者の留学促進」の取り組みを学生たちに伝えた。

岸田氏は、2023年に向けた国内大学の海外展開への支援制度の充実や「留学生への経済支援策の充実に取り組む」と述べた。

「それは…地域に関与する機会を提供するでしょう。」

キャンパスのみオープンしましたが 去年両校は40年近くパートナー関係にあり、ノースカロライナ州立大学は一貫した学生交流と共同研究活動を行っていると指摘している。

UNCグリーンズボロ校の日本研究講師はこう語った。 ローカルニュースチャンネル この訪問は州都ローリーでは「驚き」だったが、日米関係の将来は前向きであり、日本からノースカロライナ州に「より多くの労働者」を呼び寄せることになるだろう。

「これは…この地域が日米間のより活発な文化交流に参加する機会を提供するでしょう」と高木千明氏は語った。

岸田氏はノースカロライナ州訪問中、ノースカロライナ州立大学の学生らと面会したほか、ノースカロライナ大学チャペルヒル校やデューク大学の学生とも交流した。

ノースカロライナ州立大学の発表では、「この取り組みは、異文化間の対話の価値と、次世代のリーダーの間でグローバルな考え方を育む能力を実証した」と述べている。

READ  ロブ・ヴァン・ダム、クレイジーなWWE日本旅行を振り返る