Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の首相の顧問は最低賃金の引き上げを促します

東京、5月14日(ロイター)-世界第3位の経済大国が長期にわたるコロナウイルスの流行を制御するのに苦労している中、民間部門の顧問は金曜日に日本の菅義偉首相に今年度の最低賃金を引き上げて個人消費を刺激するよう求めた。

経済金融政策評議会の4人の顧問は、大規模なコロナウイルスに関連するコストが業界最大の公的債務負担を軽減したため、政府に予算収支目標を守るよう求めた。

審議会で提示された計画は、12月下旬にまとめられる次年度予算の基礎となる政府の中期政策ガイドラインに反映される可能性が高い。

ワクチンの助けを借りて経済が正常化に向かって進んだ場合、実質GDPはこの秋までにエピデミック前のレベルに戻ると予想されている、とコンサルタントは会議に語った。

しかし、4月下旬に首都東京などでコロナウイルス緊急事態の第3フェーズが実施され、今月末まで延長されるなど、有害なリスクが非常に懸念されています。

最低賃金を含む賃金の引き上げは、特に正規の低賃金労働者(その多くはパートタイム労働者や契約労働者)の間で、持続可能な成長を促進し、貧困を防ぐはずです。

日本は、急速な景気回復を達成し、近年の努力を継続するために、最低賃金の引き上げを時給1,000円に引き上げるべきだと述べた。

最低賃金は2017年度から2019年度にかけて平均3%上昇したが、昨年度は大流行により企業収益に打撃を与えたため、最低賃金は上昇した。

最低賃金を引き上げるというスカの目標は、COVID-19での生存を懸念している日本の中小企業からの強い反対に直面しています。

日本は、3兆ドル相当の3つの感染固有のパッケージをまとめました。 2026年3月末までに、新債券の売却とクレジットサービスの費用を除いた一次予算のバランスを取ることを約束しました。

梶本哲史による報告。 ジェリー・ドイルによる編集

READ  米国、日本、韓国が「安全な」チップサプライチェーンについて話し合う