Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の首相は、ビジネスロビーの支持を得て、労働者に賃金を上げるよう促します

日本の首相は、ビジネスロビーの支持を得て、労働者に賃金を上げるよう促します

日本の岸田文夫首相は日曜日、主要な貿易ロビー団体の支持を得て、年次労働交渉が来月に終了するため、インフレの上昇に打ち勝つために日本は賃金上昇の勢いを全国に広げなければならないと述べた。

何年もの間、日本では賃金の伸びが鈍化しています。政府が企業に賃金を上げるよう圧力をかけているにもかかわらず、慎重な企業が人件費を抑えながら記録的な量の現金を備蓄しているためです。

政府は、岸田の新資本主義政策の下で経済成長と富の分配の好循環を促進することを期待して、経済の半分以上を占める個人消費を刺激するために賃金の引き上げに重点を置いた.

「何よりも、物価上昇を上回る賃上げが必要だ」と岸田氏は、今年の政治課題を設定する与党自民党の年次集会で語った.

岸田氏は「賃金上昇の波は中小企業や地方にも波及し、人​​手不足で人材獲得競争が激化する中、競争力を高めていくべきだ」と語った。

岸田氏は、「構造的な賃金上昇」を達成する一方で、家計のインフレ問題を緩和するために、エネルギーと食品の価格を引き下げるための措置を引き続き講じることを約束した.

日本最大の企業ロビイストである経団連グループの戸倉正和社長は、賃上げへの支持を表明した。

「今は、強い経済を復活させるための重要な段階です。構造的な賃金の上昇と人的資本への投資が不可欠です…」と彼は言いました。

日本経済研究センター(JERC)がエコノミスト33人を対象に行った調査によると、今年の労使協議では、大企業が過去26年間で最大の賃上げ、平均2.85%を提供すると予想されている。

ただし、このペースは、日本労働組合総連合会が設定した 5% の目標である 4.2% の消費者物価上昇率よりも低くなります。

さらに、事業主、エコノミスト、役人は、日本で最も多くの仕事を提供している中小企業は一般的に賃金を上げることができないと言っています。

READ  中央銀行が再び上昇する中、オーストラリア株は下落。 アジア市場はまちまち