Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の首相は、核軍縮に関するNPT会議で進展を強調する

日本の岸田文雄首相は、2021年12月7日に東京で開催された東京栄養サミットで演説します。写真は京都が投稿しました。 京都/ロイター経由の強制融資

東京、12月9日(ロイター)-岸田文雄首相は木曜日、核不拡散条約を見直し、世界を核兵器から解放するための努力を促進するための1月の会議で有意義な進歩を遂げるためにできる限りのことをすることを誓った。

広島の核記念都市からの岸田のコメントは、2015年にニューヨークで開催された非核兵器地帯の計画に関する意見の不一致に続いて最終文書を受け入れることができなかった会議の後に来ました。

前回のレビュー会議では、2010年に核軍縮の行動計画が作成され、最終文書が作成されました。

岸田文雄氏は、防衛専門家の集まりに対し、「次回の核不拡散条約検討会議で最終文書の採択に全力を尽くし、核兵器のない世界に向けて大きく前進する」と述べた。

岸田氏は、核軍縮に関する特別顧問である、ハーバードで教育を受けた与党の国会議員であるマイナー・デラタ氏を、1月の会合に先立って合意に達するために関係国に派遣すると述べた。

今すぐサインアップして、reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

竹中清による報告

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  ライスピザ、ヌードル氷山:食品日本のパンクロックソウル横浜中国イギリス系アメリカ人ジャックチラック