Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の首相候補である岸田氏は、景気刺激策の議論を延期したいと考えている

与党自民党の岸田文雄副大臣兼外相は、2021年8月26日に東京で開かれた記者会見で大統領選挙への立候補を発表した。REUTERS/加藤一佐/ファイル写真

東京(ロイター)-菅義偉首相の後任候補である岸田文雄氏は日曜日、提案された経済刺激策への資金提供に関する議論は今年後半の総選挙まで待つべきだと述べた。

前外相の発言は、先週の菅首相の突然の辞任後、首相選挙運動中に経済政策が不透明になったため、来年度の予算編成が遅れるリスクが高まっていることを強調している。

岸田氏はテレビ番組で、「刺激策の全体的な方向性を示すが、政府が計画の詳細を要約するのは容易ではないだろう」と述べた。 「パッケージに資金を提供する方法は…総選挙が終わったら議論されるものになるでしょう。」

金曜日の意外な発表で、菅氏は与党自由党の党首として再選に立候補しないと述べた。 自民党が議会で過半数を占めるため、党首が首相に就任する。

公開自民党レースの勝者は今、11月28日までに総選挙を呼び出さなければなりません。

菅氏の後任候補が浮上する中、菅氏の離脱は経済政策の見通しに対する不確実性を高めている。

岸田氏は、日本で第4の波に拡大しているコロナウイルスのパンデミックの影響を緩和するために、数十兆円(数千億ドル)相当の支出パッケージを組み立てると述べた。

総選挙のタイミングは、パンデミック救済のための予算編成手順と追加の支出計画に影響を与える可能性があります。 政府は通常、数か月の準備の後、12月下旬に予算を準備し、会計年度の4月の初めまでに発表するために1月に議会に提出します。

(木原ライカによる報告)。 ウィリアム・マラードによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  サーキュラーエコノミーは必ずしも持続可能性につながるわけではありません