Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の首都のインフレは加速している

日本の首都のインフレは加速している

金曜日のデータによると、日本の首都のコアインフレは、円安による燃料費の増加と輸入コストの上昇により6月に加速し、中央銀行による短期的な利上げ期待が維持されていることが示された。

別の統計では、自動車メーカーが輸送障害から回復する中、5月の全国的な工場生産が回復しており、経済が緩やかな回復軌道に乗っていると政策当局者に期待を与えている。

アナリストらは、円安によるコスト圧力によりインフレ率が今後数カ月間、目標の2%を大幅に上回る可能性が高まる中、このデータは日銀(日銀)が今月にも利上げを正当化するのに役立つ可能性があると述べている。

全国の数字の先行指標とみなされている東京のコア消費者物価指数(CPI)は6月に前年同月比2.1%上昇し、前月の1.9%上昇から加速し、市場予想の2.0%上昇を上回った。

  • 6月の東京のコアCPIは予想2.0に対し前年比2.1%上昇
  • 6月の生鮮食料品・燃料指数は前年同月比1.8%上昇した。
  • 自動車生産の回復に伴い、5月の工場生産高が回復
  • データは日銀の次回利上げのタイミングに影響を与える主な要因の一つである

日銀が広範な物価動向の指標として注視している、生鮮食料品と燃料費の影響を除いた別の指数は、5月の1.7%上昇に続き、6月は1.8%上昇した。

キャピタル・エコノミクスのアジア太平洋部門責任者、マルセル・ティリアン氏は、CPIにおける工業製品価格の急上昇は、輸入コストの上昇が以前よりも早く転嫁されているという日銀の懸念を正当化しているようだと述べた。

同氏は「最新のインフレ統計は、中銀が7月会合で追加利上げを行うとのわれわれの見方と一致している」と述べた。

金曜データによると、5月の工場生産高は前月比2.8%増加し、自動車生産の急激な回復を主因として市場予想の2%増加を上回った。

第1・四半期の日本経済は、企業や家計の支出削減により年率1.8%縮小し、緩やかな回復という中銀の見方に疑問を投げかけた。

アナリストらは今四半期に成長が回復すると予想しているが、円安は燃料や食料の輸入価格の上昇により家計心理に影響を与えている。

日本銀行は、2%のインフレ目標の持続的な達成が見えてきたと判断し、3月に8年間にわたるマイナス金利とその他の急進的な金融刺激策の名残を終了した。

日銀の上田和夫総裁は、消費者物価指数とより広範な物価指標を考慮したコアインフレ率が現在の予想通り2%に向けて加速すれば、日銀は金利を現在のほぼゼロ水準から引き上げるだろうと述べた。

中銀は、賃金上昇がサービスインフレを押し上げ、インフレを永続的に2%前後に維持すると予想しており、これを金融刺激策を段階的に廃止するための前提条件としている。

READ  岸田氏は経済再生の具体的なロードマップを提示すべき