Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の高校生は、制服からリサイクルされた豆袋を借りる計画を称賛します



2022年1月6日、北九州市立高等学校の生徒、左、田中綾茂、浜村空、千住真奈美が北九州市戸畑区で見られる。写真の袋はサンプル。 (毎日/奥田真一)

KITAKYUSHU-この南西部の日本の都市で3人の高校生が制服からリサイクルされた再利用可能なショッピングバッグを借りるために書いたビジネスプランは、高校生のための全国大会でトップ100のビジネスアイデアの1つに選ばれました。

北九州市立高等学校情報学部3年生の田中綾茂さん(17歳)、浜村そらさん(18歳)、千住真奈美さん(17歳)は、国連の持続可能な開発目標(SDGs)を念頭に置いて計画をまとめました。 それは天然資源を提供するだけでなく、障害を持つ人々に雇用機会を創出します。 バッグ自体はアプリを介してレンタル可能になります。 そのアイデアはすでに好評です。 東京を拠点とする政府支援のジャパンファイナンス株式会社が運営する2021年高校生事業計画グランプリは、上位100社に選ばれました。

秋吉のぞみさん(41)が週4回教えている授業で、2021年4月から半年かけて作業計画を立てました。

このアイデアは、産業と技術革新の基盤を確立し、仕事の満足度と経済成長のバランスをとることなど、北九州市が推進している持続可能な開発目標と調和しています。 参考として、首都圏と西日本の関西地方でパラシュート共有サービスを利用しました。

トリオは、SDGの観点から、バッグはリサイクル素材で作られるべきであると決定しました。 当初はペットボトルをリサイクルした生地を使用する予定でしたが、「生徒だけでは十分なボトルを集めることが難しかった」という理由で断念しました。 それから彼らは彼らの学校の制服を使うという考えを思いついた。 学校は数年前にデザインを変更したので、とにかく彼らはそれを若い学生に渡すことができませんでした。 彼らはJeplanIncに尋ねました。 神奈川県川崎市に本拠を置き、北九州に工場を構える会社は、古着を新製品にリサイクルできるかどうかを尋ね、彼らは知っていた。 彼らのアイデアには足がありました。

彼らは、雇用機会を拡大するためにバッグをデザインするために障害者を割り当てることを計画しました。 地元の精神障害者や銀行のお客さま向けのメッセージカードをデザインした非営利団体「わくわく」や障害者の方々に助けを求め、熱心にプロジェクトに署名しました。

3人の若いクラスメートは、ビジネスプランを実行に移し、レンタルシステムの技術面で作業を続ける準備ができているようです。

高校生向けの事業計画の壮大な計画は、全国の若者の起業家精神への関心を引き付けることを目的としており、2021年には3,087件の応募がありました。「トップ100」はファイナリストに次ぐ2番目に高い賞です。 グループを代表して受賞した浜村さんは、「企画も上演も難しかった。努力が認められて良かった」とコメント。

(九州ニュース課奥田真一による日本語原作)

READ  日本のUSスチール買収提案はバイデン氏の世界経済へのアプローチに異議を唱える