Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の高齢化は米国経済とインフレのロードマップを提供する

日本の高齢化は米国経済とインフレのロードマップを提供する

ユーリゾンのストラテジストらは、日本の高齢化は米国のインフレ期待の手がかりとなると述べた。
新華社通信/ゲッティイメージズ

  • ユーリゾンのストラテジストらは、米国のインフレ率がFRBの目標である2%まで着実に低下すると予想している。
  • 彼らは、人口動態の傾向が時間の経過とともに経済をどのように変える可能性があるかを示す例として日本を挙げています。
  • 1990年代以降、日本の人口高齢化によりインフレと金利が低下した。

ウォール街の予想家の中には米国のインフレ率が連邦準備制度理事会の目標である2%を上回り続けると予想する者もいるが、ユーリゾンSLJキャピタルは、日本の人口動態を見ると、世界最大の経済大国にはその逆が待ち受けていると指摘している。

ユーリゾン社のストラテジスト、スティーブン・ジェーン氏とジョアンナ・フレイレ氏は月曜日の顧客向けメモの中で、日本は人口高齢化によって総需要が供給を上回っているという鮮やかな例を示しており、世界と米国のインフレが沈静化することを示唆していると述べた。

米国では、10月のCPIは前年同月比3.2%となり、6月以来の低水準となり、9月の3.7%から低下した。

日本だけでなく、韓国、イタリア、そしてJPモルガンが「日本化」に直面する可能性があると警告している中国の過去のデータはすべて、人口動態の変化の結果としてインフレが低下していることを示している。

ジャン氏とフレイレ氏は「高齢化が進む国が増えるにつれ、インフレに重大な影響が出る可能性が高い」と述べた。 「各国は常にこうした人口動態の逆風と戦うことになるが、高齢化の最終結果が変わる可能性は低い。」

世界最古の経済国である日本の人口は1990年に顕著に高齢化し始め、それ以来インフレと金利は低下した。 日本銀行が非伝統的金融政策を通じて需要を刺激しようとしているにもかかわらず、30年間にわたり低インフレが続いている。

「1990 年の日本のトリプルバブル(株式バブル、不動産バブル、投資バブル)の崩壊は、その後の数年間の経済成長とインフレに悪影響を及ぼしたかもしれないが、バランスシートの停滞の力学を通じて、それを解決するのは困難だろう」 「1990年に、3分の1世紀を経た今、何が起こっているのか」と戦略家らは語った。

ユーリゾンの計算によると、日本の労働力は2019年にピークに達し、1950年以来の1.7倍となり、事業拡大による年間平均労働力増加率が0.77%であることを示している。

最初のピークは 1997 年でしたが、多大な政治的努力により、最終的なピークは約 20 年遅らせられました。

同様に、2018年以降の中国の労働力のピークは、新たな政策によって延期される可能性が高い。 一方、米国では移民の影響で労働力のピークが遅れると予想されている。

Eurizon の従業員数の計算では、中国、日本、欧州連合、インド、米国がピークとなっています。
ユーリゾン SLJ キャピタル リミテッド

より多くの国が日本の人口動態に従うにつれて、インフレも必然的に同じような道をたどるでしょう。

ユーリゾン氏の見解では、新型コロナウイルス感染症のパンデミックでさえ、人口動態とインフレの関係を変えることはできなかったという。 むしろ、雇用の急激な減少とその後の緩やかな回復により、失業率が上昇することなくインフレ率が低下することが可能となった。

ユーリゾンのエコノミストらは「全体的な物価水準はすでに非常に高くなっているため、短期的には明らかなデフレリスクがいくつかある可能性がある」と述べた。 「長期的には、新たな定常状態のインフレ率はパンデミック前に見られた低水準をわずかに上回る程度とみている。」

バンク・オブ・アメリカのエコノミストらは、最新の米インフレ統計は連邦準備理事会による利上げサイクルが正式に終了したことの表れだと述べた。 彼らは、政策当局者が2024年に再度利上げを検討するには金利を大幅に加速する必要があると考えている。

READ  テスラが支持するチップ材料の特許は、米国と日本が独占しています。