Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の魚消費は回復の兆し

日本での魚の消費は、若者を対象とした教育と COVID-19 の流行の中で家にいる若者の間で感謝祭が必要な兆候を示しています。

水産庁は、同国の一人当たりの魚介類消費量は、18年前の40.2kgのピークから2011年度には23.8kgに減少したが、業界関係者は2020年に購入された魚介類の量に前向きな傾向を見始めていると述べた.

魚介類の消費量は約10年前は肉の消費量を下回り、それ以来その差は拡大している. 魚介類の場合、調理のプロセスに時間がかかることがその傾向に寄与しました。

東京海洋大学は、若者の消費促進を目的に、2017年度から水産文化講座の開講を開始した。

このコースでは、地域ごとのシーフードと料理の歴史を学びます。

このコースでは、学生に料理体験も提供しています。 「魚を満腹にすることができる生徒はわずか 30% ですが、彼らは料理を楽しんでいます」と Lu Xiaobo 教授は言います。

また、高校生が地元の食材を使ったレシピや料理を競い合う毎年恒例のイベントも教育の一環です。

過去の受賞料理の多くは魚介類を使ったもので、やがてコンビニエンスストアで販売されたものもありました。

主催者の藤田志保さんは、「昨年のイベントでは、感染症で消費を抑えた愛媛県産の鯛など、地元の特産品を使ったレシピが盛りだくさんでした。

今年も多くの高校生に参加してもらいたい」と話した。 イベントのファイナルは11月下旬に東京で開催されます。

この流行は、家にいる人々のニーズのおかげで、日本での魚の消費を後押ししています。

内務省によると、2 人以上の世帯が購入するシーフードは 2020 年までに平均 23.9 キログラムとなり、18 年ぶりの増加となった。

購入した魚はアジ、サバ、ヒラメなどであり、漁業に希望の光を与える餌となるまでには時間がかかります。

誤報と過剰情報の両方で、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクライブすることで、ストーリーを正しく伝えることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックで拡大)

READ  ジャパンハウスはロサンゼルスのマスタークラスの料理を提供しています