Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の COVID-19 ワクチンは勢いを増す

日本のCOVID-19予防接種の取り組みは、今月、65歳未満の数人の人々に拡大される予定であり、いくつかの地方自治体があり、職場や大学での現場での予防接種の手配がある.

政府は4月に65歳以上への予防接種を開始したが、約3600万人の予防接種が完了した後、65歳未満の人々への予防接種を開始する計画だった。

2021年6月9日、西日本の大阪国際会議場に設置された集団予防接種センターで、COVID-19の予防接種を受けたことを証明する証明書を受け取る人々。 (プール写真) (京都) == 京都

しかし、ワクチン運動は、東京オリンピックの開幕まで2か月もたたないうちに加速している。

他の先進国に比べてワクチンのリリースが遅いことに対する批判に直面して、菅義偉首相は5月末に、日本でのCOVID-19ワクチン接種を加速するための一連の政策変更を発表しました。

政府はまた、今月初めの6月21日に職場と大学で予防接種を開始すると発表した。 水曜日の時点で、1000以上の企業がこのスキームに申し込んだ。

自治体のうち、市区町村では木曜から60歳から64歳まで、北海道の大樹町では60歳から64歳まで、16歳以上を基本条件とする。 6月14日。

ワガ州とサガ州の州都でも高齢者の予防接種が順調に進んでおり、6月末までに両市で65歳未満の住民がこのショーを利用できるようになる。

東京都の住田区と中野区では、6月28日から65歳未満の方への予防接種を開始することを目指しています。

一方、一部の自治体は、職業に基づいて住民を優先することを決定しました。 福岡市は、デイケアセンターの従業員へのワクチン接種を開始しており、スタッフを幼稚園や学校に移す計画です。

西日本のいくつかの観光地である奈良では、来週月曜日からタクシーやバスの運転手とホテルのスタッフに集団予防接種を提供します。

水曜日の議会での討論会で、彼は政府が11月までにGovt-19ワクチンを望むすべての市民のワクチン接種を完了することを目指していると述べた.

READ  Japan P2B Payment Services Customer Report 2021: 法人顧客の金融サービスのニーズを理解する