Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の GDP は懸念されるほど縮小せず、問題は緩和される

日本経済は、前四半期に報告された最初のレポートよりも縮小しておらず、COVID-19を封じ込めるための別の制限に苦労しているため、2倍の景気後退のリスクについての懸念が和らいだ.

日本の内閣府は昨日、国内総生産が昨年の第4四半期から前年比3.9%減少したと発表した。政府が以前に見積もったよりも。 .

東京オリンピックの開始予定の約1か月前の今月中旬まで日本で最新のウイルス緊急事態が発生したため、エコノミストはGDPレポートに、さらなる景気後退のリスクの増加を示すさらなる弱さの兆候がないか注目していますこの。 四半期。 彼らはそれを理解していませんでした。

写真:AFP

第一生命研究所のエコノミスト、進家芳樹氏は「景気の見通しが悪いわけではない」と話す。 「予防接種のペースは予想よりも速く加速しており、これにより第3四半期から力強い回復の可能性が高まります。」

別の数字によると、4月の賃金上昇率は2018年以来の速さだった。

米国と中国の急速な回復は、日本の輸出を後押ししており、4月の国内工場生産は、2019年の消費税増税以来最高レベルとなっています。

2 月以降、毎月増加している家計支出は、娯楽やその他のサービスへの支出が予想どおりに鈍化したとしても、耐久消費財に対する需要が回復していることを示しています。

これは、パンデミックが最終的に終わった後、成長を下支えする可能性のある堅実な消費者需要の基盤があることを示唆しています。

一方、ウイルスの症例は減少しており、ワクチンキャンペーンがついに機能し始めています。 3 月末の投与量はわずか 100 万回でしたが、1,700 万回以上投与されました。 それらのショットのほとんどは、過去 3 週間に行われたものです。

農林中金研究所のエコノミスト、南武志氏は「5月と6月は景気が悪化する可能性が高いが、第1四半期以降、消費が大幅に悪化することはないだろう」と指摘。 「したがって、第2四半期にはプラスの領域に戻ると思います。」

コメントはモデレートされます。 記事に関連するコメントを残します。 busbusbus倒的でわいせつな言葉、あらゆる種類の個人攻撃、プロモーション、ユーザー禁止を含むメモは削除されます。 最終決定は台北タイムズの裁量に委ねられます。

READ  液体包装用ナイロンフィルム日本市場2021-2028SIG Combibloc、Elopak、Amcor-KSU