Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の IT スペシャリストがオディシャ州にセンター オブ エクセレンスを開設

公式声明によると、日本の大手 IT コングロマリットである富士ソフトは、ブバネシュワールにセンター オブ エクセレンス (CoE) を開設することを提案しています。

この提案は、オリッサ州のビジネス代表団の日本訪問中に行われ、ナヴィーン・パトナイク首相が日本の IT セクターおよび IT 対応サービスの主要企業との話し合いを主導しました。

声明によると、センター オブ エクセレンスは、ブバネーシュワールの繁栄する分野に追加されると述べています。

NITKAL (Nihon-UTKAL) はまた、オリッサ工科大学と協力して、日本での訓練を受けた人材に対する膨大な需要を満たすことに特化したスキル開発センターを設立しました。

彼女は、NITKALはブバネシュワールのIIITと対話して、スキル開発のための専門センターを日本に設立すると述べた。

NYK Lines (日本郵船株式会社) は、ポート パラディップ、ゴパルプール、またはダムラからグリーン アンモニアを東南アジアおよび日本に輸送するための専用航路の確立に強い関心を示しています。

住友商事は、グリーン水素とグリーンアンモニアの貯蔵施設の建設に関心を示しています。 彼女は、経済特区の近くにあるゴパルプールに焦点を当てていると述べました。

パトナイクは、関係当局にこれらの投資のロードマップを作成するよう指示しました。

READ  ScufはサードパーティのPS5コンソールの最初のラインを明らかにします、価格は200ドルから始まります