Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の10年がん生存率は引き続き上昇傾向にあり、58.9%に上昇しています

水曜日の調査によると、2005-08年に日本で癌と診断された人々の10年生存率は58.9%であり、上昇傾向が続いています。

国立がんセンターを含むデータ追跡チームによると、この率は、2004年から2007年にがんと診断された人を含む前回の調査から0.6ポイント上昇しています。

2016年に初めて発表されて以来、10年間の平均は上昇傾向にあります。

最新の調査では、全国47都道府県のうち27都道府県の日本臨床がんセンター協会に加盟している32の医療機関で診断された約121,000人の患者が含まれていました。

この率は、がん以外の要因による死亡を除いたデータに基づいています。

がんの種類別では、前立腺がんの生存率が99.2%高く、続いて女性の乳がんが87.5%、腸がんが69.7%、子宮頸がんが68.2%、胃がんが67.3%、肺がんが33.6%でした。 17.6%。 肝臓がんの場合は%。

早期発見が難しい膵臓がんの生存率は6.6%と最も低かった。

群馬県公衆衛生環境科学研究所所長で研究チームの一員である猿木信弘氏は、調査対象の患者には15年前に癌と診断された患者が含まれていると述べた。

「それ以来、新しい診断および治療法が開発されました」とSaruki氏は述べています。 「心配しないで、生存率の数値を見てください。医師にアドバイスを求めるときは、数値を使用してください。」

チームはまた、2011-13年に同じ32の医療機関で癌と診断された約152,000人の5年生存率が68.9%であり、2010-12年に癌と診断された人々の前回の調査から0.3ポイント上昇したことを発見しました。

5年率は前立腺がんが100%で最も高く、膵臓がんが12.1%で最も低く、10年間の平均調査結果と一致する結果を示しています。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  カナダは最初のオミクロンの症例を確認しました。 南アフリカは、さまざまな患者が「非常に軽度の」症状を示していると述べています