Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の10年がん生存率は60.2%に上昇

国立がんセンターが金曜日に発表した調査によると、2009年にがんと診断された人の10年生存率は日本で60.2%でした。

がん患者を対象とした2008年の前回の調査から、生存率は0.8%増加しました。

10年生存率は、全国の281病院の293,860人の患者のデータから計算され、他の原因で死亡した患者は除外されました。

生存率は、前立腺がんが100%、乳がんが87.8%、子宮頸がんが70.5%、腸がんが67.5%です。 膵臓がんの発生率は6.7%低かった。

「10年生存率は、医療の進歩によりすべての患者に適用されるわけではありませんが、専門分野として使用することができます」と、がんセンターの若尾文彦氏は述べています。

2013- 2014年に437の病院で癌と診断された875,381人の5年生存率は67.5%であり、2012-2013年に診断された人々を含む前回の調査より0.2ポイント高かった。

14歳未満の子供では、5年生存率は白血病で88%、脳腫瘍で74.6%でした。

15〜39歳の場合、5年生存率は白血病で75%、乳がんで90%です。

誤った情報と過剰な情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックしてズーム)

READ  日本のチェーン「CoCoIchi」がカレーの厳しい市場に足を踏み入れています