Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の10年国債利回りは4週間ぶりの安値に下落

[東京 28日 ロイター] – 日銀が政策決定会合で超低金利政策を据え置いた後、日本の10年物国債利回りは約4週間ぶりの最低水準に落ち込んだ。

10 年物国債利回りは 1.5 ベーシス ポイント低下して 0.235% となり、10 月 4 日以来の低水準となりました。

日銀は金利を記録的な低水準に維持し、弱気のガイダンスを維持し、世界の中央銀行の間での地位を固め、景気減速が堅調な回復の見通しを弱めているため、経済政策を引き締めています。

「(日銀の政策決定会合の)結果は予想通りだった。投資家は会合前にショートポジションをカバーするために債券を購入したので、市場がこれを期待していたというサインだ」 JPモルガン証券で調査。

「利回りはまだピークに達していませんが、利回り上昇の世界的な傾向は現在一時停止しているように見え、日銀がイールドカーブ抑制政策を維持しやすくなっています。」

20 年物国債利回りは 5 ベーシス ポイント低下して 1.060% となり、10 月 14 日以来の低水準となった。

2 年物国債利回りは 0.5 ベーシス ポイント低下して -0.050% になりました。

ベンチマークの 10 年物国債先物は 0.14 ポイント上昇して 148.8 となり、取引高は 9,750 ロットでした。 (藤田純子による報告、Rashmi Iによる編集)

READ  世界25カ国以上に輸出された明るい日本の靴下「アヴァサッ​​ク」のアンバサダーに任命された有名なフランスのサメリエ!