Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の20年ぶりの新紙幣は偽造品を排除するためにホログラムを使用している

日本の20年ぶりの新紙幣は偽造品を排除するためにホログラムを使用している

アイリーン・ワン、小宮貫太郎著

東京(ロイター) – 日本は水曜日、偽造者を阻止するために金融機関や女性教育機関の創設者の立体的な肖像画をあしらった20年ぶりの新紙幣の流通を開始した。

この紙幣は印刷パターンを使用して、見る角度に応じて異なる方向を向いた肖像画のホログラムを作成しており、日本の国立印刷局はこの技術を世界初の紙幣に使用しています。

既存の紙幣はまだ使用されているが、駅、駐車場、ラーメン店は精算機の更新に躍起になっている一方、政府は経済のデジタル化に向けて消費者や企業に現金の使用を減らすよう促している。

新しい1万円紙幣には、「日本資本主義の父」として知られる最初の銀行と証券取引所の創設者である渋沢栄一(1840~1931年)が描かれている。

新しい5,000円札には日本最初の女子大学の一つを設立した学者の須田梅子(1864-1929)が描かれ、1,000円札には先駆的な医学者の北里柴三郎(1853-1931)が描かれています。

通貨当局は今年度末までに約75億枚の新たにデザインされた紙幣を印刷する予定だ。 2023年12月時点ですでに流通している185億ルピー紙幣(125兆円相当)に追加される。

日本銀行の上田和夫総裁は水曜日の式典で、「現金はいつでも、どこでも、誰でも利用できる安全な決済手段であり、代替決済システムが普及しても引き続き重要な役割を果たし続けるだろう」と述べた。 新しいメモ。

中央銀行はデジタル通貨の実験を行っているが、政府はデジタル円の発行については何も決定していない。

「売上には影響なし」

2004 年以降の紙幣の復活により、企業は現金を好む顧客向けに決済機をアップグレードするようになりました。

日本のキャッシュレス決済は過去10年間で3倍近く増加し、2023年までに消費支出の39%を占めるようになったが、そのシェアは世界の同業他社に遅れをとっており、生産性を向上させるには80%まで高める必要があると政府は述べている。

日本自動販売機工業会によると、銀行ATM、電車の券売機、小売店のレジの約90%が新紙幣に対応しているが、レストランや駐車場の券売機は約半数にとどまる。

全国にある 220 万台の酒類自動販売機のほぼ 80% はアップグレードが必要です。

券売機会社エルコムの幹部、川浪武盛氏は「対応には年末までかかるかもしれない」と述べ、「非常に遅いが、部品が少ない」と述べ、顧客からのアップグレード注文が予想を上回ったと付け加えた。

ラーメン店や牛丼店など日本のファストフード店の多くは人件費削減のため券売機に頼っているが、インフレに苦しむ中小企業経営者の中には新紙幣の追加投資に不満を抱いている人もいる。

東京南部で経営するラーメン店3店の券売機に約60万円を費やした関口慎太郎さんは、「機械の入れ替えは売上に影響しないので、人件費や材料費の高騰に加えて、我々にとってはマイナスだ」と語った。

キャッシュレス決済が普及するにつれ、関口氏は顧客にさまざまな支払いオプションを提供できる洗練された機械を切望していましたが、その機械を購入できるのは現金のみでした。

「うちのラーメンは単価が高くないので、1日か2日店をやっても、買い替えの費用はかからないんです」と付け加えた。

(1ドル=161.6500円)

(取材:アイリーン・ワン、文:小宮貫太郎、編集:クラレンス・フェルナンデス、スティーブン・コーツ)

READ  東芝の幹部職の喪失は、日本でいくつかの珍しい良いニュースを提供します