Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の27の都市での有効期限が切れたため、740,000のModerna線量が排除されました

土曜日の京都ニュースの調査によると、Moderna Inc.が製造した約74万回のKovit-19ブースターワクチンは、有効期限が切れたため、日本の27の主要都市で拒否または廃棄される予定です。 人々。

5月17日から木曜日に実施された調査では、日本の52の主要都市が政府提供のモダンブースター効果を廃止または廃止する予定であるかどうかを尋ねました。その多くは4月から6月の有効期限がありました。

このような線量は合計739,085ショットであり、自治体ごとに無駄になる廃棄物の量は645から120,000までさまざまです。 ファイザーの12か月と比較すると、最新のワクチンは9か月で有効期限が切れます。

調査結果はまた、若い人たちがサードショットを撮るのを嫌がっていることを反映しており、痛みや発熱などの副作用が現代のショットで頻繁に報告されるため、多くの人がファイザーショットを好みます。

政府提供のModernaブースターは、52の都市だけでなく、全国で使用されているため、同様のケースが日本の他の場所でも見られます。

政府によると、金曜日までに約7500万人がブースターショットを受けた。 そのうち、約3,100万人が現代のウイルスにワクチン接種され、4,400万人がファイザーにワクチン接種されました。

READ  アメリカを超えてヨーロッパと日本に目を向ける時が来ました