Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の4月の主要な経済指標はパンデミック前の期間で最高



2021年5月31日、コロナウイルスの拡散を防ぐためにマスクを着用して東京の有名な渋谷峠を歩く人々(AP Photo / Koji Sasahara)

東京 (共同) – 4月の日本経済の状態を反映する重要な指標は、堅調な資本財の出荷に支えられて、コロナウイルスのパンデミック前のレベルを上回った、と政府のデータが月曜日に示した.

内閣府の速報値によると、景気連動指数は2015年を100として3月から2.6ポイント上昇し、95.5ポイントとなり、2カ月連続で上昇し、2019年11月の95.8以来の最高水準となった。

政府関係者は記者団に対し、半導体製造装置やパワーショベルなどの重機の出荷が伸び、小売売上高が前年比で大幅に増加したことで、読解力が高まったと語った。

同当局者は「第3次緊急事態下でサービス消費は弱含みだが、製造業の改善は続いている」と述べた。 「指数は製造業者にもう少し焦点を当てていますが、指数は確かにパンデミック前のレベルに回復しています。」

4月下旬、東京、京都、大阪、兵庫で3度目のコロナウイルスによる政府の緊急事態宣言が発令されました。 10の行政区に拡大した後、この法案は6月20日に期限切れになる予定です。

同局は全体的な評価を維持し、経済は「改善している」と述べた。これは、5 段階の評価の中で最も楽観的な表現である。 先月上方修正されました。

今後数か月の状況を予測する経済状況の先行指標は、報告月に 0.6 ポイント上昇して 103.0 となり、2014 年 3 月の 103.3 以来の最高値を記録しました。これは 11 か月連続の増加でした。

READ  Irving Resourcesは、カナダの証券戦略投資家であるIRV.CNとのブローカーなしの私募を発表しました。