Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の4月の消費者インフレ率は中央銀行の2%目標を上回っています

2020年5月13日、東京の商店街で安全マスクを着用した女性のお客様をお待ちしております。 ロイター/キム・ギョンフン

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

東京、5月13日(ロイター)-4月の日本の主要な消費者インフレは中央銀行の目標である2%をわずかに上回ると予想され、燃料と世界の商品価格が高騰したため、7年ぶりの高値を記録した。

アナリストは、原材料コストが頑固に高いために高額企業が価格を引き上げることを余儀なくされているため、今後数か月の消費者インフレ率は約2%になると予想しています。

ロイターの調査によると、4月の全国の主要消費者物価指数(CPI)は、不安定な新食料品のコストを除いて、エネルギーのコストを含めて、前年より2.1%高かった。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

過去の携帯電話の関税引き下げの分散効果に牽引されて、この数字は2015年3月から2.2%の増加を表しています。 これは前月から0.8%の増加に続くものです。

黒田東彦日銀総裁は、予想されるインフレのコスト上昇が一時的なものであるという事実を考慮して、中央銀行が大規模な景気刺激策を撤回することは急がないと繰り返し述べています。

一部のアナリストは、コスト主導のインフレ上昇が続くと、将来の物価変動に対する国民の認識が大幅に変わる可能性があると主張し、反対しています。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券のシニアマーケットエコノミスト、ムクルマナオミ氏は、次のように述べています。

別のデータによると、日本は商品輸入価格の上昇により、4月に1.15兆円(89億ドル)の貿易赤字を抱えていた可能性があります。

これは9ヶ月連続の赤字であり、燃料と食料の輸入に大きく依存している国の貿易状況が悪化していることを浮き彫りにしている。

世論調査によると、4月の輸入は前年比35.0%増、輸出は13.8%増だった可能性がある。

政府は、5月19日の午前8時50分(2350 GMTの5月18日)に貿易収支データを、5月20日の午前8時30分(2330 GMTの5月19日)に消費者価格データを発表します。

($ 1 = 129.0600円)

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

ライカ木原による報告; エドウィナギブス編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  EBayは日系アメリカ人の拷問キャンプで作成されたリストセールスアートを削除します