Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の7~9月期GDPは2.9%に下方修正され、インフレが悪化

日本の7~9月期GDPは2.9%に下方修正され、インフレが悪化

金曜日の政府統計は、予想よりも弱い個人消費と輸出の伸び鈍化の影響を受け、7月から9月までの日本経済が年率2.9%縮小し、前回の2.1%よりも大幅に縮小したことを示した。

インフレ調整後の実質 GDP は前期比 0.7% 減少し、前回の 0.5% 減少に比べて減少しました。

世界第3位の経済大国は4四半期ぶりのマイナス成長を記録した。 GDP は、国で生産される商品とサービスの合計額です。

GDPの半分以上を占める個人消費は、日用品の価格高騰が家計心理を悪化させたため、0.04%減ではなく0.2%減となった。

内需のもう一つの主要な指標である設備投資は、前回の0.6%から0.4%に上方修正された。

SMBC日興証券チーフエコノミストの丸山佳正氏は「基調的な回復傾向はまだ終わっていないが、GDP統計の個人消費や設備投資は弱かった。注意が必要だ」と述べた。

丸山氏は「賃金の伸びが物価上昇で相殺されるため、家計にとってインフレはマイナスに働く。(インフレ調整後の)賃金の伸びがプラスに転じるには時間がかかるだろう」と述べた。

日用品の価格上昇と賃金低下の二重打撃による消費者の苦痛を和らげようとする政府にとって、国内需要の低迷が課題となっている。

景気減速は日銀に超低金利を維持する理由を与えているが、総合インフレ率が中央銀行の長期目標である2%を1年以上上回っているため、国民にとってそれはますます困難になりつつあるその見方を受け入れること。 賃金上昇を通じたインフレ目標はまだ安定的に達成されていない。

輸出は0.4%増と速報値の0.5%弱となったが、輸入は0.8%増で、1.0%から下方修正された。

名目GDPは年率0.2%減から0.05%減へと若干上方修正された。

主要国の金利急上昇にも関わらず、これまでの四半期は堅調な輸出が経済を支えており、堅調な輸出成長の持続可能性について疑問が生じている。 中国経済の減速も懸念材料となっている。

日銀の上田和夫総裁は金融緩和維持の必要性を強調する一方、年末から2024年にかけて緩和はさらに「困難」になるとの木曜日の発言は、市場では出口が予想よりも早くなるのではないかとの憶測を煽った。 その後、円は対ドルで上昇した。

三井住友銀行の丸山氏は10~12月期には景気が回復すると予想しているが、日銀は来春の労組と経営側の年次賃金交渉を前に様子見の姿勢をとっている。

岸田文雄首相は、持続的な賃金上昇がなければ日本がデフレ、つまり持続的な低物価に逆戻りするリスクを示唆した。

政府は今月末、最近可決された2023年度追加予算13兆2000億円(920億ドル)に加え、財政支援などのインフレ緩和措置を講じるため、4月から来年度の予算案を策定する予定だ。政府への補助金。 燃料費を軽減し、低所得世帯に7万円を支給する。


関連報道:

円が急騰する中、日本は為替の動きを注意深く監視している


READ  日本のゴム先物が下落 - マーケット